「暗号通貨」カテゴリーアーカイブ

法人経由での金融商品の売買 – メリットとデメリット

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人と法人上手く使い分けましょう。

何か商売をしつつ投資、あるいは初めから投資ありきで何か良いシノギがあればやる(自分は後者です。)・・・何れにしましても証券会社、FX/CFD、先物・オプションの法人取引口座は作っておくと良いのではないかと思います。税制が個人と法人で違うので、その差を上手く利用していきたいところです。ついでに余った登記抄本や印鑑証明書も活用。

  • トレーディング要素が高い。高いレバレッジをかけたい
  • 税制が整備されておらず総合課税の雑所得扱い

こういった取引は是非法人経由で取引したほうが良いと思います。

1つめに当てはまるのはFXCFD、先物、オプション。2つめに当てはまるのは仮想通貨(暗号通貨)です。

バイ・アンド・ホールドの積み立てでインデックス投資オンリーの場合は、圧倒的に個人でやった方がいいです。後述する、有限責任と倒産隔離の観点からも。

個人としてやる部分、法人としてやる部分、上手く分ければ最悪な事態を避けつつ、手元に残るお金を多くする事が可能です。

経費が認められる範囲が広い

個人ですとせいぜい書籍やセミナー代程度しか経費として認められませんが、法人ですと事業に関わる支出はほぼほぼ経費として認められます。経費で利益を圧縮できれば、個人で売買するよりもお得な事もあります。

維持費用として(依頼する場合は)税理士への顧問料、法人住民税(均等割)で年間30万程度は最低かかりますが、前者については経費として認められます。


なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学
小堺 桂悦郎
フォレスト出版
売り上げランキング: 197,844

 損益通算

個人ですと損益通算可能な範囲が限られ(色分けの通り)ますが、法人ですと事業での損益も含めて通算することが出来ます。ただトレーディングを目的とする法人の場合は、含み益にも課税されてしまう・・・利益の繰り延べが出来ないのが悩みどころですね。

個人 株式、公社債 国内のFXCFD、先物、オプション 海外のFXCFD、先物、オプション 貸株 仮想通貨(暗号通貨)
法人     事業での所得も含めて損益通算可能

事業や各金融商品のアセットクラスの組み合わせ(ポートフォリオ)での利益を最大化する・・・ここが腕の見せ所だと思います。

損失の繰越

更に損失を繰り越せる期間も長いです。個人ですと3年しか繰越が出来ませんが、法人ですと最大で9年繰り越すことが出来ます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Coincheck終了のお知らせ。早ければ週明けには潰れてるかも?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

やっぱりカウンターパーティリスク(特に取引所リスク)が大きい

取引所がアクセス過多で取引できないであるとか、外部や内部からの盗難であるとか、常々取引所に関わるリスクは叫ばれていましたし、その通りの自体が海外でもあったわけですが、ついに日本も。そして最大級の!(仮想通貨絡みでも、盗難事件としても。)資金拘束されている方には申し訳ないですが、正直笑える会見でした。株主と協議の上・・・ってオマエラが大株主だろ。記者団の爆笑がツボでした。

管理体制の杜撰さと、この事件を発端とする暴落、今後の事を考えると笑えませんが。

  • 経営上重要な基礎データ(売上や利益、顧客数、財務状況)
  • 顧客が保有していたNEMへの補償、他顧客資産(現金、ビットコインアルトコイン)への影響
  • 今後の対応

株主との協議の上公開や対応を検討するとの事です。株主の協議の上は笑う箇所であり、お勤めの方はお分かりでしょうが、日本のビジネスシーンにおいて検討するというのは殆どというか全く考えてないし、時間が経ってからの調査中は全容をほとんどと言うか全く把握できてないと言う事です。そしてとどめを刺すと、明かせないヤバい事が満載。

とりあえず現時点では顧客が保有している仮想通貨NEMがほぼ全額盗難に遭った事だけは間違いないようです。これも、記者会見よりも先に

 

外部からアナウンスされるというお粗末な事態。

倒産するしないに関わらず顧客資産の毀損は不可避

どう考えても、コインチェック社単体で顧客資産の補償は例えばNEMが明日明後日ゴミクズになるなどしない限りは不可能です。取引所自体利幅が大きなビジネスではないですし、ボッタクリであっても販売所のビジネスで補償する原資が賄える筈がありません。ウリとしている保険会社による補償も顧客アカウントの不正アクセスに限るものらしいです。

そもそもこれだけ杜撰な管理体制だと、顧客の預かり資産も出川哲朗のギャラ等に化けている可能性も高いです。分別管理されてるの?本当に他のビットコインアルトコインは無事なの?

と、勘ぐってしまいますね。

金商法等で、かなり規制で雁字搦めの金融機関やファンドでさえ未だに分別管理が徹底されずに顧客資産の流用が起こっている事を鑑みると、

あ、、、(察し

 

これからイロイロとボロが出てくるのではないでしょうか?経営上重要な基礎データを明かせないと言うのはそういう事です。

倒産するしないに関わらず、顧客資産の毀損は不可避です。

  • 倒産する場合はかなり劣後した分配
  • しない場合も顧客資産の大幅なヘアカット

を覚悟すべきでしょう。

バンザイするなら早ければ早い方が良いし、むしろバンザイさせた方が良い

巷では正義の味方(White hacker)が、だとかNEM財団による救済(ハードフォークやロールバック)、大手企業によるホワイトナイトがとかイロイロ囁かれているようですが、もう現実を直視した方が良いんじゃないかと思います。

起こりうるシナリオで最も確率が高いのは、もっとも最悪なシナリオです。と同時にこれが顧客資産が最も保全されるであろう唯一のシナリオです。

それは、コインチェック社自身かNEM保有者による破産申請。NEMを保有していない人からするとトバッチリもいいところですが、全ユーザーの資産がロックされている以上はそれしか考えられないですよね?

仮に、NEMが何らかの方法で戻ってくるあるいは、ホワイトナイトが現れるにしても現時点での預かり資産の保護が最善でしょう。恐らく戻ってくる可能性、一度信用が毀損した企業に買い手が現れる可能性は低いです。

早ければ週明けなんじゃないかと見ています。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ビットコインのボラティリティ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ハイリスク(≒ハイリターン)

BTC/JPY(ビットコイン/円)の2013年4月28日~2017年9月27日標準偏差を調べてみますと、凡そで4.4%となりました。一般的な株式指数(凡そで2%前後)や為替(1%)と比較しますと、かなりハイリスクだと言えます。ただ、これはあくまで終値ベースでの集計日中に動いて長いヒゲを上下に付けることが多いので。体感としてのボラティリティは数値上よりももっと大きいように思えます。ボラティリティが高いと言うことは、大きく損をする可能性が高いと同時に、大きな利益を得られる可能性があるという事でもあるので、一部の投機家やギャンブラーには好まれている模様。

ボラティリティの推移はどうか?

次に30日毎のヒストリカルボラティリティを見てみますと、トレンドとしては下落傾向にあるようですね。やはり市場参加者が増えて、取引の厚みが出てきますとある程度は値動きがマイルドになるのかもしれません。ただ、最近は上昇傾向にあります。

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

 

のせめぎ合いですね。後は、政府による規制など。

 

参加者のセンチメントが一方に偏ると、一気にモメンタムを伴って動くようですね。最近のチャイナショックや、ダイモンショックが典型。

金(Gold)との比較


マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
橘 玲
幻冬舎
売り上げランキング: 33,287

マネーロンダリング脱税いざとなった時はインゴットや宝飾品の形で秘匿、持ち出し逃避用の投資対象として由緒正しい金(Gold)。

そう言った用途にも使えて便利なビットコイン(巷では、デジタルゴールドと呼ばれていたり。)の比較対象として挙げられる事が最近多いですね。

XAU/JPY(日足)の標準偏差が大凡で1%程度なので、それと比較しますとかなりハイリスクですね。持ち出したは良いものの、目減りしてしまったという事も多々。(逆もまた有りえますが。)

持ち運び性や、換金性では何れも一長一短ですが、ボラティリティの観点からは由緒正しい金(Gold)に一日の長があるのではないでしょうか?

ビットコイン(に限らず仮想通貨)の将来

前述しましたように、

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

  • 技術面でもまだまだ途上で、決済手段としては既存の銀行システムやクレジットカード、それどころかSuicaにも遠く及ばない。実用性を考えると、ボラティリティは低ければ低い程良い、反面でボラティリティが低すぎると好事家(技術者や投資家、投機家、ギャンブラー等有象無象)が離れてしまうと言う痛し痒し。ボラティリティは避けるべきものであると同時に、愛すべきもの。
  • 既存の体制側からの反発、押さえ込み。

ゾーンマネジメント 破壊的変化の中で生き残る策と手順
ジェフリー・ムーア
日経BP社
売り上げランキング: 3,557

新しものって、技術に限らずこういった面があるんじゃないかと思います。不安がある反面で、ワクワクもある。様々な期待と不安が交錯する中で、当面はハイボラティリティな動きが続きそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

zaifで暗号通貨の自動取引を始めました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

なかなか良いかも?

数年前にお遊びで採掘して塩漬けになっていた物を利確。APIが公開されているので、プログラムを組んで24H/365Dの自動取引を開始!

続きを読む zaifで暗号通貨の自動取引を始めました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail