「経営」カテゴリーアーカイブ

OANDA Japanの法人口座を作成しよう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人口座でも活用しています。

1通貨という極々小ロットからの取引も出来ますし、取引用APIも充実しているしMetatraderにも対応しているしで、自動取引環境もバッチリです。法人口座の開設をしたので、今後は徐々にそちらにシフトしていくことになります。レバレッジも現行(2018.4現在)25倍が上限なのですが、今後10倍になるようですし。


法人口座(FX)の第一候補

自分は専らトレーディング用なのですが、例えば個人輸入をやっていてそれを法人でやろうって方は是非開設を検討されては如何でしょうか?外貨の先高が見込まれる場合に、予め仕込んでおいて為替リスクのヘッジみたいな用途に便利だと思います。レバレッジは最大で50倍(証拠金2%)で、外貨現物・・・預金よりは扱いは良いです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

会社設立まとめ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

イロイロ面倒臭そうな銀行までが副業解禁をする時代

最近大手企業などで続々と副業を解禁する動きが出ていますね。

びっくりしたのは新生銀行のソレ。銀行がやって大丈夫なのか?とちょっと心配になります。融資周りとかで問題が起きるんじゃないかと思うのですが。融資の見返りにキックバックを貰う商売だとか、自分の会社に本業の銀行から融資を引っ張ったりだとか出来ちゃうんですかね?

実際どのような運用が為されるのかが気になる所です。解禁はしたものの、結局のところ大手を振って副業をする行員はいなかったというオチになるとは思いますが。

元々銀行なんかは出世レースで勝ち残れなかった人は早くて40代くらいから片道出向・転籍で銀行員としてのキャリアを終える事となります。職場に銀行から転籍してきた部長、役員クラスがふんぞり返ってる会社多いですよね?(苦笑

ただ最近は銀行業も左前で出向先(だいたい融資先)の確保も難しいようで、副業解禁もそんな中での苦肉の策といった側面もあるのでしょうか?

副業解禁の流れも、表向きは多様な働き方だとかスキルアップとか言われていますが、正直な所定年まで面倒見きれないという事情のほうが大きいように思えます。

一寸先は闇。大手ですらそうなんだから、中小なんかはまあお察しです。

正直、会社も国も面倒見てくんないです。そもそも見られないし。見る気もないし。

何よりもカイシャって平均すると10年前後で何らかの形で縁が切れちゃうその程度の代物なんです。

出典 : 厚生労働省賃金構造基本統計調査

会社都合(業績不振によるリストラや、倒産)、自己都合ですとまあウンザリしちゃったとかライフイベント(キャリアアップの為の転職、結婚や出産、親の介護)とかイロイロです。

平均もまああまり過信するのも禁物ですが、実態としては入社数年後にやめる人がバタバタいて、サバイブ組(出世するなり、しがみつくなり形は様々)が平均を上げているイメージですね。これは大手にしろ、中小零細にしろ変わらないようです。

何れにしましても、新卒(高卒大卒問わず)で入って定年まで勤め上げるパターンって想像以上に稀なパターンです。終身雇用、何それオイシイの?

そんなわけで、あまりカイシャに義理立てる必要も無いのかなと思います。カイシャが合う合わない、職場の人達が合う合わない。食い扶持としては勿論、出世云々も結構運ゲー要素が高いです。


たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する
レナード・ムロディナウ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 80,241

自分の生活が何よりも大事です。ブラック企業で消耗するなんてもっての外。

会社の概要
  • 設立は2018.1
  • 資本金100万円の合同会社
  • 事業内容はサイトの構築・運営、金融商品の売買、暗号通貨の売買
  • 本社は自宅(賃貸)

ほぼほぼ実態の無い会社です。(^^

特にビジネスプランは無しw強いて言えば投資会社ですね。

金融商品の中でも税金が面倒くさいFXやCFD、あとは暗号通貨の売買をやりつつ、ブログをテキトーに書きつつ、テキトーに利益は経費で落としつつ、何かテキトーに思いついたことをやるというかなりいい加減かつ、邪な動機です。

起業といえば何かとビジネスプランが~とか宣う人多いみたいですけど、そんなものは別に後回しでも良いんじゃないかと個人的には思います。良く言えば行動あるのみって事です。


多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

posted with amazlet at 18.04.03
堀江 貴文
幻冬舎 (2017-05-27)
売り上げランキング: 252

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)
幻冬舎コミックス (2018-03-01)
売り上げランキング: 410

トレーディング主体であっても全然構わないです。経費として認められる支出が多ければ税率的に個人でやるよりお得です。損益も通算できるし、それを持ち越せる期間も長いですし、レバレッジをかけたトレーディングで致命傷を喰らったとしても法人格が盾となります。

それに加えて、何かしらのビジネスがやれれば鬼に金棒です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

まずは一行目には良いかも? – ゆうちょ銀行の法人口座を作成しよう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

会社の概要
  • 設立は2018.1
  • 資本金100万円
  • 事業内容はサイトの構築・運営、金融商品の売買、暗号通貨の売買
  • 本社は自宅(賃貸)

ほぼほぼ実態の無い会社です。(^^



まず一行には良いかも知れません。

感触としましては、厳しいと言われている法人口座の作成でも比較的作りやすい方に思えました。自分はと言いますと、

第一志望 :  ネット銀行(住信SBIネット銀行等)

第二志望 : ゆうちょ銀行

第三志望 : メガバンク(青か緑)

最後の砦 : 地銀・信金

志望巡に審査を受けていく感じでしたが、幸いにも第二志望に引っかかりました。

事後としては、ゆうちょ銀行とメガバンクを同時進行で行いつつ、審査を通った銀行の通帳を使って住信SBIネット銀行に申し込むのが効率が良さそうです。住信SBIは他行法人口座の有無を検討基準にしているようなので。

何れにしましても、最初の一行が重要となります。

一行目が作れれば、他行での審査や、心理的な面で楽になれます。

ゆうちょ銀行はといいますと、預入限度額が1300万円で、借入が出来ない制約がありますが、オンラインバンキングの維持手数料はかからないし、振込手数料は比較的安かったりと、業種によってはメインバンクとしても十分に使えます。

ステップとしても、メインバンクとしても最初の一行にはおすすめだと思います。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

新設法人に人権無し!法人口座開設は結構大変

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail


Designed by Freepik

副業の人は気長に、独立を考えてる人は在職中にやろう

と言うのが感想です。法人設立から銀行口座の開設まで凡そ2ヶ月程費やしました。

会社設立自体は自分でやるにしても、業者に頼むにしても前者は必要書類さえ揃っていれば、後者は流石プロといった感じでスムーズに進むかと思います。しかし大変なのはその後。

売上を受け取るため、あるいは振り込む為の銀行口座の開設が想像以上に難しかったです。というよりは面倒くさい。暗号通貨で受け取れればいいのにとか思ったり。

しばらくは個人口座でという手もありますが、自分のように投資メインだと他人(自分が持ってる法人であっても個人とは別人格)名義だと入金出来ないので、避けては通れず。

必要書類の多さ、そして審査にかかる時間の長さ。設立は業者にやってもらったのですが、法人口座の開設は自分でしなければならない。ココがまず一番の山場、は鬼門と言えると思います。

一通りやってみた感触ですが、設立周りはお金払ってでも業者に頼んだほうが良い気がします。追々決算などでお世話になるでしょうし。

自分はと言いますと

  • ビジネスプラン(笑)・・・サイト(ココ)とか投資とか?具体的には何も考えてません。
  • 設立・・・業者頼み。
  • 銀行口座開設・・・\(^o^)/

まあ、こんな感じです。

新設法人に人権無し

ここ数年ですが、法人の銀行口座開設・・・中でも新設法人(凡そで6ヶ月以内)のソレは非常に審査が厳しくなっているようです。リテール(個人口座)の感覚で臨むと間違いなく痛い目に遭うんじゃないかと思います。初見ストレートで開設出来るのは余程キチンとしてるか、ツイてるか。

自分はと言いますと正直ツイてた方。

自分での感触であるとか、他で調べたり、税理士の先生に聞いた限りですが。あと結果も。

下馬評 結果
メガバンク(都市銀行) ・★★★★☆難しい

赤いところは別格で門前払い。他は支店によりけり?

知名度はあるけどオンラインバンキングで月額手数料が必要。正直、借入をするとか無い限りはメリット無いかも?

第三志望

青い銀行はWeb審査でNG

他はメリットを感じないので後回しにしました。

ネット銀行 ・★★★☆☆比較的緩い

オンラインバンキングの月額手数料無料。その他手数料も安い。

自社サイト必須。書類諸々完備でも運ゲー要素あり。

第一志望

2018.2 住信SBI審査落ち。

敗因は比較的はっきりしてるかな?追々。

地銀、信金 ・★★☆☆☆緩い

地域、支店によりけり。

オフィスへの訪問があるところも。

アパートローンに力を入れてるところもあるので、そっち方面の人は選択肢に入るかも知れません。

最後の砦 と思ってたけど、第二志望で落ち着いたので申し込み無し。

 

ゆうちょ銀行 ・ ★★☆☆☆緩い

必要書類多い。

オンラインバンキングの月額手数料は無料。若干振込手数料が高い、預け入れ限度額が1,300万まで。

バーチャルオフィスはNG

 第二志望

書類審査のみ。書類の不足(先方による)があったけど、比較的スムーズに2018.3開設完了

 

正直人権無い?レベルの扱いだなあと。あくまでお客基準から見てみるとですが。

全般的に塩対応でした。

(まあ、金融系の人って根っこの部分で横柄だけど。)


監査役 野崎修平(新装版) 1 (ヤングジャンプコミックス)
能田 茂
集英社 (2017-11-15)
売り上げランキング: 125,832

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1) (週刊現代コミックス)
講談社 (2017-11-22)
売り上げランキング: 11,754

書類に不備がありますと容赦なく突っ返されますし、不足がありますと、此方都合だろうが先方都合(経験あり)だろうが審査は中断します。そしてロスタイムが。

書類が完備していても、総合的な判断により落とされる時は落とされます。

落ちた理由(≒審査基準)を教えてくれないのがツライ所です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

副業禁止の職場に【忖度】して自分の会社を作ろう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

基本的にはサラリーマンの副業は、禁止あるいは許可制

のところが多いかと思われます。(実家で農業であるとか、家業を手伝って方はいますが。)大手やベンチャー企業なんかは、(当然の事ながら同業他社でだとか、深夜までだとか自社での業務に支障が生じるようなものはNGですが、)副業【表向きは奨励】している所もあるようですが、極々一部ですしやはり無断でというところは無いようです。


新しい副業の教科書 スキマ時間で月5万円の副収入! (インプレスムック)
秋葉原副業総合研究会
インプレス (2018-03-02)
売り上げランキング: 15,637

雇用者側からしますとやっぱり馬車馬のように働け本業に集中してね?と言うのが正直なところで、【就業規則】にもその旨謳っています。許可制の所もよっぽど社業が傾くとかそういった場合では無い限り(そうでは無い場合も)はあまりいい顔はしないのが実際じゃないでしょうか?

許可制を謳いつつ、実態は【忖度してくれる?】と。つまり実質は禁止という事です。

ただ、就業規則ってあくまで就業中のものであって法的には何の拘束力が無いんですよね。それでも、会社に日本でありがちなパートナーシップ型の雇用形態で【囲われてる】限りは、まあ従うしか無い?ようですが。

でも、変化の激しい時代定年まで面倒を見てくれるわけではない(見られないし)、そもそも見る気の無い企業(巷に言うブラック企業)もあるのが悲しい所です。


ブラック企業に勤めております。 その線を越えてはならぬ (集英社オレンジ文庫)
要 はる
集英社 (2017-05-19)
売り上げランキング: 216,308

職場の同僚からの声無き圧力

巷では働き方改革なるものが叫ばれていますがが、大半のカイシャの人々からは冷ややかな視線が送られているのが現状ではないでしょうか?

使用者側だけではなく、被雇用者の側からも。

プレミアムフライデー?何それオイシイの?とか、副業解禁?馬鹿言ってないでこのタスク片付けろよな殺すよとか。

そういった状況で、副業というのは非常にやり辛いです。法的には拘束力のない就業規則であるとか、(労使共々)職場の人達からの有形無形の圧力ががが。

雇われる形(形態は様々ですが)の副業で、一番多い発覚要因は同僚からの密告だそうです。あと、同じ職場で仕事しながら他に収入(副業でも、金融資産からの収入でも)があって羽振りの良い人に対して心中穏やかでない人達って結構多いようです。(これは職場に限らないのではないかなと思います。)

それでも(コソコソ)やってる

 

そのような中であっても、やってる人はやってたりします。雇用形態は様々ですが他所の会社で雇われて、あるいは自営業的なサイドビジネスを。前者にしろ後者にしろ、垣根は限りなく下がっているし、将来も不安だし、何よりも目先5000兆円とは言わないまでもお金欲しいし仕方がないですね。

職場の人に見つからぬよう、税金や社会保険から発覚せぬよう。結構そういった人多いんじゃないでしょうか?

特別徴収と普通徴収、社会保険

同僚バレ以外で多いのが、住民税バレと社会保険料バレだと言われています。副業をやってるサラリーマンにとって、住民税が通知される6月前後は恐怖。

あと、パートタイムにおける社会保険加入要件も10万円からに厳格化されたのでうっかり超えちゃうと社会保険料の額が不自然に変わってしまうんですね。

給与所得が2箇所以上であったり、他に収入(不動産や金融商品・・・株式の一般口座、FXや先物・オプション)がある人は確定申告をする必要があるのですが、正直に申告しちゃうと漏れなくバレちゃうんですね。住民税や社会保険料が不自然に上がってしまうと、カンの良い経理担当者はすぐに勘付きます。

【普通徴収を選ぶと良い】みたいな事がネット上では言われていますが、自治体によって原則として特別徴収の所もあったりして完全だとは言えません。

副業はダメだけど資産運用はOKのところであっても、給与所得以上に後者が多い場合ってあまりいい顔をしないんじゃないでしょうか?

【先物取引】なんて、古い体質の会社だと。。。結構アレな気がします。

何だかんだでサラリーマンはお気楽、でももっとお金欲しいので副業

 


21世紀の資本

21世紀の資本

posted with amazlet at 18.03.24
トマ・ピケティ
みすず書房
売り上げランキング: 3,625

資産家(ブルジョワジー)の家に生まれない限りは、悲しきかな自分自身を切り売りするしかないのが世の常だったりします。学歴を得て、イイカイシャに入りであるとか、手に職を付けてそれを売る。つまりは自分の人的資本を売って食い扶持を稼がなければならない。大半の人達は大小中様々なカイシャに囲われて。

【囲われて】という語感にあまり良いイメージはしないのですが、ぶっちゃけ楽じゃないでしょうか?よっぽどブラックオブブラックな会社じゃない限りは。目標というかノルマに追われつつ、職場の人達に気を使いつつも、まあそれなりに・・・多寡が知れてるなりではありつつも毎月給料貰える身分ですしおすし。(何時まで貰えるかは知らないけど。)

塀だとか柵の外の人達は自由に見えて羨ましいと思うことも多々あるでしょうけど、彼ら(彼女ら)もまあ【自由もまた地獄】みたいな・・・それなりに大変らしいです。自分にはちょっと真似できないかな?

 

 

 

それでもやっぱりお金は欲しい。もっと。

資産運用なり、サイドビジネス・・・専業まではいかないまでもプラスαくらいはイケる良い時代ではあります。

結論 : 面従腹背...忖度しよう。会社作ろう。

まあ少なくとも数ヶ月から数年のスパンでは安定しているであろう給与所得を得つつ、他にも(例えば金融資産からであったり、サイドビジネス)収入源が欲しいとなると、現状としてはまあ何とも世知辛い状況ではあります。株式は源泉分離課税だとか、税金バレしない20万円以内にであるとか、社会保険バレしない10万円以内なんてみみっちい事は言わずにガッツリやれると良いなあとか思う方多いと思われます。でも、周りは皆敵みたいな。

 

面従腹背・・・忖度が必要です。

 

そんなわけで(どんなわけで?)会社を設立してみました。

 

(続く)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail