ビットコインのボラティリティ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ハイリスク(≒ハイリターン)

BTC/JPY(ビットコイン/円)の2013年4月28日~2017年9月27日標準偏差を調べてみますと、凡そで4.4%となりました。一般的な株式指数(凡そで2%前後)や為替(1%)と比較しますと、かなりハイリスクだと言えます。ただ、これはあくまで終値ベースでの集計日中に動いて長いヒゲを上下に付けることが多いので。体感としてのボラティリティは数値上よりももっと大きいように思えます。ボラティリティが高いと言うことは、大きく損をする可能性が高いと同時に、大きな利益を得られる可能性があるという事でもあるので、一部の投機家やギャンブラーには好まれている模様。

ボラティリティの推移はどうか?

次に30日毎のヒストリカルボラティリティを見てみますと、トレンドとしては下落傾向にあるようですね。やはり市場参加者が増えて、取引の厚みが出てきますとある程度は値動きがマイルドになるのかもしれません。ただ、最近は上昇傾向にあります。

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

 

のせめぎ合いですね。後は、政府による規制など。

 

参加者のセンチメントが一方に偏ると、一気にモメンタムを伴って動くようですね。最近のチャイナショックや、ダイモンショックが典型。

金(Gold)との比較


マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
橘 玲
幻冬舎
売り上げランキング: 33,287

マネーロンダリング脱税いざとなった時はインゴットや宝飾品の形で秘匿、持ち出し逃避用の投資対象として由緒正しい金(Gold)。

そう言った用途にも使えて便利なビットコイン(巷では、デジタルゴールドと呼ばれていたり。)の比較対象として挙げられる事が最近多いですね。

XAU/JPY(日足)の標準偏差が大凡で1%程度なので、それと比較しますとかなりハイリスクですね。持ち出したは良いものの、目減りしてしまったという事も多々。(逆もまた有りえますが。)

持ち運び性や、換金性では何れも一長一短ですが、ボラティリティの観点からは由緒正しい金(Gold)に一日の長があるのではないでしょうか?

ビットコイン(に限らず仮想通貨)の将来

前述しましたように、

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

  • 技術面でもまだまだ途上で、決済手段としては既存の銀行システムやクレジットカード、それどころかSuicaにも遠く及ばない。実用性を考えると、ボラティリティは低ければ低い程良い、反面でボラティリティが低すぎると好事家(技術者や投資家、投機家、ギャンブラー等有象無象)が離れてしまうと言う痛し痒し。ボラティリティは避けるべきものであると同時に、愛すべきもの。
  • 既存の体制側からの反発、押さえ込み。

ゾーンマネジメント 破壊的変化の中で生き残る策と手順
ジェフリー・ムーア
日経BP社
売り上げランキング: 3,557

新しものって、技術に限らずこういった面があるんじゃないかと思います。不安がある反面で、ワクワクもある。様々な期待と不安が交錯する中で、当面はハイボラティリティな動きが続きそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ダラダラと曲げる展開はやはり苦手なようで・・・

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ダラダラと曲げる展開はやはり苦手

1時間足。今は買い下がりのトレンドですね。

なかなか酷いナンピンに見えますが、途中の反発を拾いながらなので損益としてはそこまでではないです。

続きを読む ダラダラと曲げる展開はやはり苦手なようで・・・

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

zaifで暗号通貨の自動取引を始めました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

なかなか良いかも?

数年前にお遊びで採掘して塩漬けになっていた物を利確。APIが公開されているので、プログラムを組んで24H/365Dの自動取引を開始!

続きを読む zaifで暗号通貨の自動取引を始めました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人が通貨を発行できちゃう時代 – トークン発行

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トークンを発行してみました。

活動で得られた利益を一部還元できればなあと思います。(還元するとは言ってない。)

幾ら還元します!だとか幾らでの買い取りを保証しますと約束しちゃうと出資法に引っかかるのでしょうか?その辺の法整備も追いついてない中だと、チャンスでもあり、同時に危険でもあると言えます。グレーゾーンってワクワクしませんか? 続きを読む 個人が通貨を発行できちゃう時代 – トークン発行

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ご本人の発言なのかは定かではないですが、間違いないく金言だと思います。やはり、資産を形成している人たちは短期長期に関わらず、資金管理は徹底していますね。

年に数回の一時的な、数年に一回の比較的長期的な相場の理不尽な動きにも動じないようなトレード・・・といきたい所なのですが、どうしても欲が突っ張ってしまって大失敗。言うに易し、行うに難し。生き残るのも、儲けるのも難しい・・・。 続きを読む まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

機動的な外貨預金みたいな運用 – 20170903

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail


更に調整

1ヶ月動かした感じですが、レバレッジを掛けなくても差益をコツコツ取ればPaaS代は稼いでくれそうです。含み損でアシが付いてしまう場面もあるでしょうが、マズマズといった所ではないかと思われます。

計算したらUnfortunately, we could not get stock quote USDJPY=X this time.で100円を割れる水準までは余裕だと言う事で、もう少しロットを増やしてみることにしました。リスク許容度は人それぞれですので、ロットの設定はよく検討した方がいいですね。

ロットの設定基準としては、

  • 利益(差益やスワップ)
  • 値動き全般

 

 

を元に決めると思われますが、安全を見る場合は後者を基準にした方が良いです。日々の値動きが気になってしまうレベルだと、放置すると言う観点ではロットは大きすぎると言えます。その場合はロットを落としましょう。

設定変更

メインの取引通貨であるUnfortunately, we could not get stock quote USDJPY=X this time.のロットを更に増やしました。と、同時にUnfortunately, we could not get stock quote EURUSD=X this time.のロットも。

通貨ペア ロット エントリー幅 利確幅
円ショート Unfortunately, we could not get stock quote USDJPY=X this time. 100通貨→200通貨 20銭 50銭
その他のクロス円通貨 変わらず 50銭 100銭
ドルショート Unfortunately, we could not get stock quote EURUSD=X this time. 25通貨 10pips 20pips
Unfortunately, we could not get stock quote GBPUSD=X this time. 5通貨 50pips 100pips
Unfortunately, we could not get stock quote USDCHF=X this time.
Unfortunately, we could not get stock quote USDCAD=X this time.
Unfortunately, we could not get stock quote AUDUSD=X this time.
Unfortunately, we could not get stock quote NZDUSD=X this time.

正味でのショートポジション(円 + ドル)と証拠金のバランスを見ながらになるのですが、Unfortunately, we could not get stock quote EURUSD=X this time.の水準によっては、ドルショートになる局面もあるかもしれません。私の場合は今がまさにその状態。

ただ、十分に証拠金を積んであれば問題は無いです。

現在のポジション

塵も積もれば山となる?レバレッジを掛けずに放置ならば、まあまあの水準かと思われます。もうちょっとレバレッジを掛けても良いんじゃないかと調整中です。

大凡ですが1週間のトレード回数は100回前後ですね。重要指標やイベントが入るとトレード回数は増える傾向にあるみたいです。上手く値動きを拾えればチャンスだと言えます。

Unfortunately, we could not get stock quote EURUSD=X this time.のロングポジションが溜まってしまったので、一時的にドルショートになっています。でも、レバレッジは掛かってないので、まだまだ平気。

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail