法人名義でAmerican Express Bussiness Goldカードを作ろう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

経費の精算にはクレジットカード払いが便利です。

クレジットカード払いを忌避しニコニコ現金払いを至高とする人達が日本にはかなり沢山いるらしい・・・です。使い過ぎが心配ととか何となく信用できないとかそんな理由で。

  • お札や小銭を数えるのが面倒くさい

レジでお札や小銭をパラパラ、ジャラジャラで手間取っている人を見ると殺意が湧きませんか?

  • 自動引落

口座振替でも良いのですが、カード払いならよりメリット(以下記述)があります。

  • 支払いを延ばせる

手元に資金を1ヶ月程度留保できるのは便利です。(その分資金繰りが楽になります。)

漕ぐぞ自転車!低金利(≒デフレ)の世の中ではありますが。

どちらかと言いますと、商品やサービスを即座には受け取れない(前払い)かつ、受け取る前に業者が倒産したとか詐欺。そういった場合に支払いのキャンセルや返金のチャンスがあるというメリットが大きいです。現金や振込だと絶望的。

海外通販で仕入れたモノを転売する商売をやる場合は必須ですね。

  • ポイント還元

支払額に対して一定額のポイントや現金が還元されます。原資を払っているのは直接的には加盟店、間接的には現金払いの人達です。ざまあみろです。

個人でもこれだけのメリットがあるのに、頑なに現金払いの人達が沢山いるのは何故なのでしょう?

個人事業主や法人ですと現金を遣り繰りする面倒さから開放されるメリットは何よりも大きいです。使い過ぎが心配と言うのも、個人事業主や法人なら「コレ、経費で落ちるかな?」という歯止めが効くでしょうし。

ただハードルは高いらしい。

新設法人が作る上でハードルとなるのはまず一番が銀行口座の開設、次はクレジットカードの作成だと言われています。

与信(貸付)を伴うので、それなりに厳しいのはなんとなく理解できるのですが、前者はちょっと行き過ぎな感があります。(そこまで犯罪に使われるケースが多いんですかね?)

下手に与信を付けて取り込み詐欺みたいな事になると困るので、

  • 法人としての実体はあるのか?
  • 支払能力はあるのか?

カード会社によっては新設法人は門前払いだったり、支払能力を確認するために決算書を数期分求めたりと、それなりに厳しい審査があるようです。

クレジットカードについては必須ではない・・・最悪個人のカードで立替えたりで済ませる事も可能ではあるのですが、実務上の手続き(伝票起こしたり)や、税務署に突っ込みどころを提供しやすかったり・・・個人と法人の出費はキッチリ分けたほうがいいです。面倒なので、やっぱり法人名義のカードを1枚は持っておきたいところ。

あっさり作れた&与信も太っ腹?

厳しいと言われているクレジットカードの中でも比較的作りやすいのは、なんと巷ではステータスカードとか言われているアメックス!銀行口座の開設で苦労したのが嘘みたいにあっさりと作れました。新設かつ売上が立ってない法人にもそれなりの与信を供与してくれるなんて太っ腹だなあと思いました。

株も持っているのですが、大株主でない限り審査には関係ないwちなみにウォーレン・バフェットはグリーンカードホルダーだそうです。彼レベルだとプラチナやブラックカードで受けられる以上のサービスを年会費を払わなくても受けられるので、上位のカードなんて目もくれないのだと思います。

必要書類として、

  • 個人の運転免許証
  • 法人の登記簿

をスキャンして指定のページにてアップロードしました。数日後に審査開始&居所確認の連絡が郵便書留で、最終的にカードを受け取りまでに掛かった期間は3週間でした。

年会費(グリーンで12,000円/年、ゴールドで31,000円/年)が割に合うかはそれぞれですが、手っ取り早く作れるという意味では第一候補に挙げられると思います。

センチュリオンマークは個人だと中央ですが、ビジネスカードは左上端なんですね。

ゴールドの色合いも若干違います。

であるとか、卒業写真に故あって載れなかった同級生みたいな扱いみたいで何だかなと言う気がしました。

個人のクレヒス(信用情報)も参照?

どうしてこんなに太っ腹なのか?と思うのですが、何てことはなくて法人代表者のクレヒス(信用情報)も参考に審査をしているのではないかと推測されます。既に個人でアメックスの会員だと尚の事話は早そうです。逆に、頑なに現金主義者でクレヒスを積んでない人は苦戦するかも知れません。

いや~、クレヒスって大事だと思いました。

ただ、個人か法人のカードの何れかで事故(延滞)を起こした場合の影響については注意が必要かもしれません。いや、遅れなく支払って個人でも法人でもクレヒスを磨いて更に上位のカードを狙えばいいのですが。

ちなみにビジネスカードの最上位クラスはプラチナカードだそうです。個人だとセンチュリオン(通称ブラックカード)ですが。まあ、ブラックは縁は無いから関係ないけど。

引き落とし口座 – ゆうちょ銀行は注意

無事にカードが届いたらあとは口座引落の申込みを行うのですが、ゆうちょ銀行だけは用紙が違うので注意が必要です。カードと一緒に送られてきた用紙だと受け付けてくれない模様。ゆうちょ銀行用の申込用紙同封で返送されました。そのせいで最初の引き落としは間に合わず、振込で済ませることに。

ついでにETCカードも申込みました。

折角クレジットカードが作れたので、営業車(笑)用のETCカード(1枚あたり500円/年)も申込みました。申し込んでから届くまでに凡そ1週間かかりました。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

SBI証券の法人口座を開設しよう

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

とりあえず開設

口座開設の動機としては、

  • 個人でも使っているから
  • 書類が余ったから。

なので取り敢えずと言った感じです。

個人と法人で優待が二重取り出来るのと、下落局面で含み損は損金として計上出来るのがメリットですね。

開設時点と、信用取引の申込時点で審査があるのですが、特に何事も無く開設が出来ました。ネットで調べてみますと口座開設の時点で落ちた例、信用取引の審査で落ちた例があるようですが、

  • 信用取引
  • FX
  • 外国株
  • 先物オプション
  • CFD(くりっく株365)
  • 金、プラチナ

信用取引口座の開設に数日要した以外は、即日でした。

ちなみにまだ入金してません。

落ちそうな要素としては、バーチャルオフィスくらいしか思い浮かばないのですが、銀行口座の開設をする時点でほぼNGなので、結局のところ運なのかなあ?といった感じです。

必要なモノ

・会社実印、取引印

・法人名義の銀行口座

個人口座と違って現状は住信SBIネット銀行とジャパンネット銀行しか即時入金は対応していないようです。通常の振込の場合、振込先口座は三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行の三行。ゆうちょ銀行からの振替(手数料無料)は別途申し込みと、完了まで3週間程度かかるようです。

諸々の費用を考えると、上述のネットバンクかゆうちょ銀行がおすすめですね。オンラインバンキングは月額利用料取られないし。(メガバンクはオンラインバンキングで月額利用料がかかります。

何気にゆうちょ銀行の法人口座って優秀じゃないかと思います。支店は多いし、時間外でも手数料は取られないし、硬貨でも入金できるし、オンラインバンキングは無料だし。

・代表者(いれば取引担当者)の本人確認書類・・・免許証など

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail