iShares International Developed Real Estate ETF(IFGL)より2016Q1の分配金

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 為替ブログへ
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail



IFGL 27,31 +0,12 +0,44%より分配金を頂きました。1口辺り0.203374ドルでした。分配金は再投資用にプールします。

世界的な低金利を背景に不動産は堅調

直近だとパフォーマンスは不動産>株式となっていますね。世界的な低金利が効いているのかもしれません。保有中のREIT/不動産ETF、S&P500との比較はこちら。

日本でも局所的にはバブル期を超えた地所も出始めているようです。構成銘柄のうち財閥系の三菱地所Unfortunately, we could not get stock quote 8802 this time.、三井不動産Unfortunately, we could not get stock quote 8801 this time.、住友不動産Unfortunately, we could not get stock quote 8830 this time.首都圏の超優良地所を多数保有していますので、含みでウハウハかもしれません。配当利回りはショボいですが。

REITか不動産会社か?

IFEU 36,77 +0,58 +1,59%もそうなのですが、REET 24,65 +0,21 +0,86%IYR 78,93 +1,17 +1,50%と違いましてREITではなく不動産会社の組み入れが比較的多いです。

REIT 不動産会社
  • 二重課税を回避する仕組みがあるので分配金は多め
  • 不動産会社のゴミ箱と揶揄される使われ方をする事がある。
  • 法人税、配当の二重課税
  • 本当に良い地所は自己所有

分配金の事を考えますと二重課税を回避できるREITに分があるのですが、本当に良い地所というのはインサイダーである不動産会社ガメている事が往々にしてあるので、投資対象としては一長一短だと思います。

世界中の不動産にバランス良く

REITの普及度合いであるとかインサイダーの強弱を考慮しますと、不動産市場満遍なくアクセスしたい場合はREITと不動産会社(インサイダー)の両方を活用した方が良いと思います。

REIT市場≒不動産市場なのですが、不動産市場は何処の国でも伝統的にインサイダーが強い市場ですので、インサイダーに乗っかるという戦略も吉です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください