頼みは中国次第 – iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)より2016Q1の分配金

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail



Unfortunately, we could not get stock quote IAPD this time.より分配金を頂きました。1口辺り0.1108ドルでした。分配金は再投資用にプールします。

やはり頼みは中国

このETFの構成銘柄の半数はオーストラリア株となっております。オーストラリアと言います真っ先には資源国(→輸出先は中国)という連想になりますでしょうか。

ただ更に構成銘柄をセクター別に見てみますと、ほぼ3割が金融株で、資源・エネルギーの構成比は1割程度となっております。基本的には内需株が主体で、資源価格の変動による直接的な影響は小さいように思われます。

GDP比でも鉱業の割合って8%と1割に満たないんですね。サービス業が8割で、殆ど内需で回っている様に見えます。

しかしながらたかが&されど8%で、オーストラリアの資本投資の4割、輸出の6割が鉱業絡みとの事で、やはり資源価格と主要な輸出先である中国の動向は重要で、やはり頼みは中国となります。

そう考えますと、高配当ではありますがその根拠はかなり脆弱だと言えます。売却の予定は今のところありませんが、新規投資は慎重に行いたいですね。


ETF投資入門 (日経文庫)
カン・チュンド
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3,473

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)