「FX」タグアーカイブ

コツコツと外貨投資20160331

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

取引ルール

  • 手動
  • 通貨ペアはクロス円のメジャー通貨
  • ロットはLeveraged NAVの0.02%
  • 利確は建値+2%
  • 利確ポイントにヒットしたら1円刻みで上下に指値を5本(期限1ヵ月)
  • 指値が無くなったら下に1円刻みで新規設定。
  • 損切は無し(マーチンゲール)

外国株投資&海外通販用の外貨を安く仕込むのが目的です。下値を根気よく拾いつつ、確定益とスワップで平均単価を徐々に下げていきます。


通貨単位からトレード出来るOANDAがお勧めです。

通貨ペア 平均単価

(確定益&

スワップ)

利確

ポイント

エントリー

ポイント

USDJPY=X 112,58 -0,18 -0,16%  115.562

(112.74)

113.934
111.9
EURJPY=X 127,91 -0,65 -0,51%  127.807

(127.07)

128.316
127.2
GBPJPY=X 144,39 -1,73 -1,18%  163.617

(162.91)

162.996
160.2
CHFJPY=X 112,49 -0,18 -0,16%  116.481

(115.01)

117.504
116.3
CADJPY=X 86,23 +0,45 +0,53% 86.642

(86.46)

87.516
86.3
AUDJPY=X 79,47 -0,15 -0,19% 85.793

(84.76)

86.7
85.6
NZDJPY=X 73,43 +0,07 +0,09% 77.575

(76.60)

78.54
77.1

クロス円のパフォーマンス(年初来)

ユーロ、スイスフラン、カナダドル、ニュージーランドドルの利確ポイントにヒットしました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コツコツと外貨投資20160330

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

取引ルール

  • 手動
  • 通貨ペアはクロス円のメジャー通貨
  • ロットはLeveraged NAVの0.02%
  • 利確は建値+2%
  • 利確ポイントにヒットしたら1円刻みで上下に指値を5本(期限1ヵ月)
  • 指値が無くなったら下に1円刻みで新規設定。
  • 損切は無し(マーチンゲール)

外国株投資&海外通販用の外貨を安く仕込むのが目的です。下値を根気よく拾いつつ、確定益とスワップで平均単価を徐々に下げていきます。


通貨単位からトレード出来るOANDAがお勧めです。

通貨ペア 平均単価

(確定益&

スワップ)

利確

ポイント

エントリー

ポイント

USDJPY=X 112,58 -0,18 -0,16%  115.562

(112.74)

113.934
111.9
EURJPY=X 127,91 -0,65 -0,51%  127.598

(126.89)

128.214
126.8
GBPJPY=X 144,39 -1,73 -1,18%  163.642

(162.93)

162.996
161.2
CHFJPY=X 112,49 -0,18 -0,16%  116.307

(114.75)

117.3
115.9
CADJPY=X 86,23 +0,45 +0,53% 86.366

(86.13)

87.312
85.6
AUDJPY=X 79,47 -0,15 -0,19% 85.746

(84.66)

86.7
85.6
NZDJPY=X 73,43 +0,07 +0,09% 77.466

(76.62)

78.132
77

ユーロ、スイスフラン、豪ドル、ニュージーランドドルの利確ポイントにヒットしました。豪ドル、ニュージーランドドルは年初来高値付近で推移。カナダドルも強いです。景気の悪化で引き続いての利下げが取り沙汰されている豪州通貨高は意外と言えば意外ですね。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コツコツと外貨投資20160329

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

取引ルール

  • 手動
  • 通貨ペアはクロス円のメジャー通貨
  • ロットはLeveraged NAVの0.02%
  • 利確は建値+2%
  • 利確ポイントにヒットしたら1円刻みで上下に指値を5本(期限1ヵ月)
  • 指値が無くなったら下に1円刻みで新規設定。
  • 損切は無し(マーチンゲール)

外国株投資&海外通販用の外貨を安く仕込むのが目的です。下値を根気よく拾いつつ、確定益とスワップで平均単価を徐々に下げていきます。


通貨単位からトレード出来るOANDAがお勧めです。

通貨ペア 平均単価

(確定益&

スワップ)

利確

ポイント

エントリー

ポイント

USDJPY=X 112,58 -0,18 -0,16%  115.562

(112.74)

113.934
111.9
EURJPY=X 127,91 -0,65 -0,51%  127.385

(126.59)

127.704
126.3
GBPJPY=X 144,39 -1,73 -1,18%  163.642

(162.93)

162.996
161.2
CHFJPY=X 112,49 -0,18 -0,16%  115.834

(113.68)

116.851
115.3
CADJPY=X 86,23 +0,45 +0,53% 85.649

(84.51)

86.598
85.3
AUDJPY=X 79,47 -0,15 -0,19% 85.528

(82.67)

85.986
84.9
NZDJPY=X 73,43 +0,07 +0,09% 77.115

(76.09)

77.52
76.1

ユーロ、ポンド、豪ドル、ニュージーランドドルの利確ポイントにヒットしました。全体的に円安傾向にあります。上に値段が跳ねるようでしたら追撃買いです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

円安トレンドの終焉?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

金融緩和→円安→株高という基調でここ数年推移してきたのですが、そろそろ流れが変わりそうな気配ですね。

xjy20160215d xjy20160215w

続きを読む 円安トレンドの終焉?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

マイナス金利 – 落ち目の女優が脱ぐ様な、プレイ内容がどんどん過激になるAV女優の様な黒田日銀

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

サプライズ!

1/18の参院本会議で否定した所からの今回のマイナス金利導入。短期的にはかなりの効果があったようです。

株式、為替共々戻りに拍車を掛けることに成功した模様。

nikkei225_20160129

と言うか市場振れ過ぎですね。このボラティリティの高さは心身ともに病みます。

効果の持続性は?

従来の量的・質的緩和に加えて加えられたマイナス金利。日銀の当座預金に-0.1%の付利をするというもの。

金融緩和というのは中央銀行が金融機関から資産を買い取って資金を供給し、その資金が市中に貸し出されることを意図して行われるものなのですが、現状としては【資金が市中に貸し出される】迄(≒資金需要を喚起する)には至ってません。供給された資金がそのまま日銀の当座預金に行き場なくブタ積みになっている状態です。

そのブタ積みになっている資金から保管料としてマイナス金利を付利して追い出そう(追い出された資金は貸し出しに向かうはずだ。)と言うのが今回の措置。

ただ、マイナス金利の対象になる部分って当座預金中の1割程度らしいです。これで果たしてブタ積み状態が解消されるかは甚だ疑問です。そもそも問題なのは資金需要が無いって事なんですね。設備投資をしようにも、外部環境(特に新興国)は良くないし、ローンを組んで家や車を買おうにも、収入が増えない。運用先が無ければ結局の所ブタ積みにしておくしかないわけです。付利が嫌ならば安全資産とされる国債を買って終了。

といった感じで、影響は殆ど無いのではないかと思われます。ユーロ圏でも導入実績はありますし、【このタイミングで、あの日銀が】と言う以上の驚きは無いのではないでしょうか?

落ち目の女優が脱いだけどガッカリおっぱいだった。

とかそんなオチになりそうな気がします。

個人的には量的・質的緩和は弾切れで手詰まりとなった中で出た苦肉の策が今回のマイナス金利だと考えます。

結局は資金需要が無いのが問題

それでは資金需要を喚起するような金利水準って如何ほどなのでしょうか?金融機関からすると貸し出したほうがマシ、企業や個人が設備投資や消費の為にローンを組みたくなるような水準は?

具体的な水準は分かりませんが、少なくとも現状より更に下だと考えます。

・プライムレートがマイナス○○%

・住宅ローン金利がマイナス○○%

もう借りた方が金を貰える水準でいいんじゃないかと。中央銀行の金融政策としてはかなり過激ですが。

当然ながら預金金利もマイナス。ちょっと想像できない世界ですね。

黒田総裁は落ち目の女優

デビューこそは華々しかった黒田日銀総裁ですが、結局の所目的である【2%の物価目標】は空振り続きです。

サプライズを振り撒くも、そろそろ聴衆(マーケット)もシラケ始める頃に来ています。量的・質的緩和が弾切れで手詰まり、そして苦肉の策のマイナス金利。今後はマイナス金利を何処まで掘り進めるか位しか打つ手無しなのではないでしょうか?

借りた方が金を貰える迄は行かないまでもそれに近い世界は遠くないかもしれません。

それくらいに過激な事をしないと【2%の物価目標】なんて達成できないと思われます、達成した結果がどうなるかは想像もしたくないですけど。

もう退くに退けないところまで来てしまった黒田総裁。

まるでヌード写真→MUTEKIデビュー→移籍→どんどんプレイが過激にといったAV女優の様。



Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

通貨選択型投資信託(毎月分配)は自分で作れる。それも低コストで。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

賛否両論ある毎月分配型投資信託ですが、一番の問題は信託報酬の高さだと思います。年間で2%前後となると100万円買って2万も金融機関に貢ぐ計算になります。事務手数料等を考えると仕方が無いのではないかと思うのですが、それが高いと思うような方は自分で作るのも一考です。

通貨選択型に関して言えばやってることは
株式・債券・REITの買い+FX
と蓋を開ければシンプルなものです。

続きを読む 通貨選択型投資信託(毎月分配)は自分で作れる。それも低コストで。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Latvijas Banka(ラトビア銀行)発行の5ユーロ銀貨 “Fairy Tale Coin I. Five Cats”が可愛い

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

バルト海沿岸に面する小国(人口200万程)ラトビア共和国の中央銀行であるLatvijas Banka(ラトビア銀行)が発行した5ユーロ銀貨“FAIRY TALE COIN I. FIVE CATS”を
BaltCoinと言う通販サイトで購入しました。
他の記念硬貨と同様に市中で使えます。(使いませんがw)
絵本のキャラクターだそうですが、可愛くてGood


2004年にEU加盟、2014年にユーロを導入。(旧通貨はラット)
経済規模は沖縄県程度(2013年のGDPは309億ドル)主要な産業は金属・木材の加工、観光だそうです。

例に漏れず、ユーロ導入直後はバブっていたのですが、リーマンショック、ユーロ危機の煽りをモロに受け、
目下ECBによる金融緩和でインフレに苦しんでいるそうです。

これといった国際競争力のある産業を持たない小国の悲哀ですね。

こういった国は記念硬貨や記念切手の発行が国庫収入源になっているそうです。
見ると結構乱造している感があります。

日本もマリオだとかピカチュウの記念硬貨を発行すれば世界中で売れるんじゃないかしらと思うわけですが。
ピカチュウはニウエでで10ニュージーランドドル銀貨が過去に発行されたそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Interactive Brokersの口座開設

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ib

各国の株式、FX/CFD債券、オプションと幅広い金融商品へのアクセスが可能な、ディスカウントブローカーInteravctive Brokers(以下IB)のIBLLC口座開設について書きます。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)
橘 玲
講談社
売り上げランキング: 74,330

 

最近米国株投資に使用していた証券会社が現地人以外お断りとの事で追い出される事となり、

避難先として開設したのですが、マージン取引(信用取引にあたります)も含めて手数料も安いしポートフォリオの分析機能も充実しているし預かり資産も株式・債券・先物・オプション・FX/CFD全て一元管理で便利…となかなかお勧めです。

外国株(ETF含む)へ投資している方は是非開設を検討されては如何でしょうか。

日本語対応(日本法人が現地法人の開設を取り次いでいます。)なので、開設も簡単です。

ほぼ国内の証券会社と同様の手続きで開設する事が出来ます。

  • 初回の入金が10,000米ドル相当必要。
  • 開設から3ヶ月経つと預かり資産が10万ドル相当未満だと口座維持費用が月10ドル米ドル相当かかります。(ただし、月間手数料と相殺)
  • 譲渡損益が発生した時や、外国株配当控除を受ける場合は確定申告が必要。
  • 配当金自動再投資(DRIP)は非対応

この辺りをどう捉えるかによるとは思いますが。

あとは海外に口座を持つ際に問題となるのは外国送金です。

送金手数料と、両替する際には銀行の高いスプレッド、リフティングチャージがネックとなります。

続きを読む Interactive Brokersの口座開設

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail