「エロ・グロ・ナンセンス」タグアーカイブ

エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室@阿佐ヶ谷ロフトAに行ってきました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

20160127
成人向け漫画の中でもかなり【特殊】なジャンル漫画家が一同に会するとの事で行ってきました。

【特殊】と言うのは有り体に言うとヌケない・・・良く言えばPornograph(ポルノグラフ)と言うよりはErotica(エロティカ)であったり、猟奇的だったり、不条理・理不尽であったり,、不謹慎極まったり。そう言った何かと物議を醸す・・・叩かれたり後ろ指を指されたりするようなジャンルを指します。

lofta20160127a

左から都筑響一さん、駕籠真太郎さん、山本直樹さん、町田ひらくさん、呪みちるさん。

lofta20160127b

奥から根本敬さん、山野一さん、羽生生純さん。

・山本直樹さん

大御所ですね。一般紙でも掲載中です。



エロ要素が少なくて書いててつまらない&今年中に完結してエロ復帰との事。会場で宣言されていました。


BLUE・ブルー

BLUE・ブルー

posted with amazlet at 16.01.28
太田出版 (2013-10-30)

堀田(3)

堀田(3)

posted with amazlet at 16.01.28
太田出版 (2013-10-16)

に続いて、


分校の人たち(2)

分校の人たち(2)

posted with amazlet at 16.01.28
山本 直樹
太田出版
売り上げランキング: 6,093

祝・有害図書指定。もう三振アウトなんじゃなかろうか。

・駕籠真太郎さん


輝け!大東亜共栄圏

輝け!大東亜共栄圏

posted with amazlet at 16.01.28
太田出版 (2013-11-01)

エロ・グロ・ナンセンスと何でもあり。ウ○コ、吐瀉物の割合高め。
作中にノーマルな性描写が殆どありません(笑)
巨大化した女性をモノ扱いして辱めるという嗜好をお持ちのようです。

・町田ひらくさん



女のコがひたすらケシカランとっても悲惨な目に遭遇する漫画を描かれています。ちょっと公共の場で読むのは憚られる&国によってはそのまま御用なそんな内容。決してロリコンではないのですが、緻密な絵柄とストーリーが秀逸で思わず読みいってしまいます。

・山野一さん

ねこじる(故人)の旦那さんです。夫婦揃って超絶ダークな作風でカルトな人気を誇っています。


四丁目の夕日 (扶桑社文庫)
山野 一
扶桑社
売り上げランキング: 86,412

を読むとかなり陰鬱な気分になれます。


そせじ(1)

そせじ(1)

posted with amazlet at 16.01.28
(2014-07-21)

最近ではうって変わって(変わり過ぎ)育児漫画を出されていたりします。その他、呪みちるさん、羽生生純さん、根本敬さん。(未読なので、これから読んでみたいです。

と言った感じで、個人的には超豪華メンバーでした。

以下、気になったテーマについてつらつらと、、、

続きを読む エロ・怪奇・特殊漫画家人生相談室@阿佐ヶ谷ロフトAに行ってきました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

エロ・グロ・ナンセンス、そしてう○こな駕籠真太郎の世界

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Amazonでキャンペーンをやっているみたいで、コレを機会に気になっている作者である駕籠真太郎の本をまとめ買いしました。

ジャンルとしてはSF?になるのでしょうか、ほぼ全編がエロ・グロ・ナンセンス、そして汚物(う○こ)のシュールギャグに塗れております。(笑)ところどころにブラックな社会風刺が散りばめられていて、内容はともかくとして読んでいて作者の脳内ワールドに惹きつけられます。

異物混入―駕籠真太郎高濃短編集
駕籠 真太郎
青林工藝舎
売り上げランキング: 60,743
踊る!クレムリン御殿

踊る!クレムリン御殿

posted with amazlet at 15.11.14
太田出版 (2013-12-19)
六識転想アタラクシア (F×COMICS)
駕籠 真太郎
太田出版
売り上げランキング: 134,101
超動力蒙古大襲来

超動力蒙古大襲来

posted with amazlet at 15.11.14
駕籠真太郎
太田出版
売り上げランキング: 42,813
輝け!大東亜共栄圏

輝け!大東亜共栄圏

posted with amazlet at 15.11.14
太田出版 (2013-11-01)

作者の公式サイト :

印度で乱数

コミケに出展されていて、作者の方を一度お見受けした事があるのですが、至ってフツーの方でした。

人は見かけによらないとはよくいったものだなあとかなんとか。結構都内なんかで個展等のイベントが開かれているみたいなので、一度足を運んでみたいと思っていたりシます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail