タグ別アーカイブ: ユーロ(EUR)

ドルコスト平均法の効果 – ユーロ円

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ユーロ円Unfortunately, we could not get stock quote EURJPY=X this time.ドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンスを検証してみました。具体的なイメージとしましては、毎月決まった日(給料日等)に一定額(円建て)で積み立てて金融商品や海外通販の購入資金とする。あるいは為替変動リスクをヘッジ(固定化)するといったところです。

条件

  • データはMetatrader(OANDA)のクォート

  • 期間 : 2002.6~2016.12

  • 価格 : 終値

  • 取引コスト、金利(≒インフレ率)は考慮せず。

続きを読む ドルコスト平均法の効果 – ユーロ円

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Latvijas Banka(ラトビア銀行)発行の5ユーロ銀貨 “Fairy Tale Coin I. Five Cats”が可愛い

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

バルト海沿岸に面する小国(人口200万程)ラトビア共和国の中央銀行であるLatvijas Banka(ラトビア銀行)が発行した5ユーロ銀貨“FAIRY TALE COIN I. FIVE CATS”を
BaltCoinと言う通販サイトで購入しました。
他の記念硬貨と同様に市中で使えます。(使いませんがw)
絵本のキャラクターだそうですが、可愛くてGood


2004年にEU加盟、2014年にユーロを導入。(旧通貨はラット)
経済規模は沖縄県程度(2013年のGDPは309億ドル)主要な産業は金属・木材の加工、観光だそうです。

例に漏れず、ユーロ導入直後はバブっていたのですが、リーマンショック、ユーロ危機の煽りをモロに受け、
目下ECBによる金融緩和でインフレに苦しんでいるそうです。

これといった国際競争力のある産業を持たない小国の悲哀ですね。

こういった国は記念硬貨や記念切手の発行が国庫収入源になっているそうです。
見ると結構乱造している感があります。

日本もマリオだとかピカチュウの記念硬貨を発行すれば世界中で売れるんじゃないかしらと思うわけですが。
ピカチュウはニウエでで10ニュージーランドドル銀貨が過去に発行されたそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail