「働き方改革」タグアーカイブ

逆張りナンピン系のトレード戦略には法人経由の取引が有利

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トレードスタイルに合わせて個人と法人を使い分けましょう。

個人的にはインデックスファンド・ETFのバイ・アンド・ホールド以外のトレーディング戦略は、法人経由で取引するのが良いのではないかと思っています。法人を維持する最低限の費用(均等割の法人住民税、決算を依頼する場合は税理士へ払う顧問料)をどう捉えるかにもよりますが。

逆張りナンピン系のトレード戦略

代表的なものとしてはトラリピが挙げられるのではないかと思われます。レンジ相場では差益をコツコツ積み上げつつ、高金利通貨をロングしていたらスワップももらいつつでお手軽な投資戦略ではあるのですが、レンジを逆方向に抜けてしまいますと、投資家によってはどうしても逆張りナンピンのトレードが続いてしまい、短くても数週間、長くて数ヶ月・・・苦しい時期を過ごすことになります。

そして決断を迫られる年末間近・・・損益を確定させるか、年をまたぐかは非常に悩ましいところではないでしょうか?

年をまたいで利益が出れば良いのですが、持ち越した挙げ句に爆死となりますと、前年分の確定益の税金は払わされそして、損失を取り戻すためのトレードに勤しむというかなり悲惨な結果に・・・。

経費を乗せつつ損益通算&繰越欠損金(9年)

法人経由でトレードする事のメリットとしては、損益通算で他の所得(損失)とトレードの損失(利益)を相殺出来ることと、そして損失を繰り越せる期間が9年と非常に長い事が挙げられます。(個人だと3年)

トレードにしましても、株式、FX(CFD)、先物、仮想通貨と個人だと損益通算出来ない金融商品同士でも法人だと通算が可能です。

繰越期間が長いというのは大きなメリットで、うっかりリスク管理に失敗して大損それも前年に利益が出てからの・・・といった場合の個人ですと3年以内に取り返さなければ税金が重しとなります。取り戻そうと焦って失敗すると目も当てらない事にも・・・。

繰越期間が9年となりますと、それなりに腰を落ち着ける事が出来ます。法人での取引ならば単年、あるいは数年では損を出しても繰越期間を通して利益が出ていればOKとなるわけです。メンタル的には幾分楽だと言えるのではないでしょうか?

そして、最終的には個人と法人のトータルで見た場合にお金が残れば良いのですから、

  • 家賃光熱費
  • ソフトウェア、ハードウェア、書籍代
  • セミナー代
  • 税理士への顧問料

etc…

と、経費として認められるものは片っ端から計上して支払う税金を圧縮しましょう。利益が出た時に節税の余地が大きいのも法人経由でトレードをするメリットだと思います。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

法人経由での金融商品の売買 – メリットとデメリット

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人と法人上手く使い分けましょう。

何か商売をしつつ投資、あるいは初めから投資ありきで何か良いシノギがあればやる(自分は後者です。)・・・何れにしましても証券会社、FX/CFD、先物・オプションの法人取引口座は作っておくと良いのではないかと思います。税制が個人と法人で違うので、その差を上手く利用していきたいところです。ついでに余った登記抄本や印鑑証明書も活用。

  • トレーディング要素が高い。高いレバレッジをかけたい
  • 税制が整備されておらず総合課税の雑所得扱い

こういった取引は是非法人経由で取引したほうが良いと思います。

1つめに当てはまるのはFXCFD、先物、オプション。2つめに当てはまるのは仮想通貨(暗号通貨)です。

バイ・アンド・ホールドの積み立てでインデックス投資オンリーの場合は、圧倒的に個人でやった方がいいです。後述する、有限責任と倒産隔離の観点からも。

個人としてやる部分、法人としてやる部分、上手く分ければ最悪な事態を避けつつ、手元に残るお金を多くする事が可能です。

経費が認められる範囲が広い

個人ですとせいぜい書籍やセミナー代程度しか経費として認められませんが、法人ですと事業に関わる支出はほぼほぼ経費として認められます。経費で利益を圧縮できれば、個人で売買するよりもお得な事もあります。

維持費用として(依頼する場合は)税理士への顧問料、法人住民税(均等割)で年間30万程度は最低かかりますが、前者については経費として認められます。


なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学
小堺 桂悦郎
フォレスト出版
売り上げランキング: 197,844

 損益通算

個人ですと損益通算可能な範囲が限られ(色分けの通り)ますが、法人ですと事業での損益も含めて通算することが出来ます。ただトレーディングを目的とする法人の場合は、含み益にも課税されてしまう・・・利益の繰り延べが出来ないのが悩みどころですね。

個人 株式、公社債 国内のFXCFD、先物、オプション 海外のFXCFD、先物、オプション 貸株 仮想通貨(暗号通貨)
法人     事業での所得も含めて損益通算可能

事業や各金融商品のアセットクラスの組み合わせ(ポートフォリオ)での利益を最大化する・・・ここが腕の見せ所だと思います。

損失の繰越

更に損失を繰り越せる期間も長いです。個人ですと3年しか繰越が出来ませんが、法人ですと最大で9年繰り越すことが出来ます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

会社設立まとめ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

イロイロ面倒臭そうな銀行までが副業解禁をする時代

最近大手企業などで続々と副業を解禁する動きが出ていますね。

びっくりしたのは新生銀行のソレ。銀行がやって大丈夫なのか?とちょっと心配になります。融資周りとかで問題が起きるんじゃないかと思うのですが。融資の見返りにキックバックを貰う商売だとか、自分の会社に本業の銀行から融資を引っ張ったりだとか出来ちゃうんですかね?

実際どのような運用が為されるのかが気になる所です。解禁はしたものの、結局のところ大手を振って副業をする行員はいなかったというオチになるとは思いますが。

元々銀行なんかは出世レースで勝ち残れなかった人は早くて40代くらいから片道出向・転籍で銀行員としてのキャリアを終える事となります。職場に銀行から転籍してきた部長、役員クラスがふんぞり返ってる会社多いですよね?(苦笑

ただ最近は銀行業も左前で出向先(だいたい融資先)の確保も難しいようで、副業解禁もそんな中での苦肉の策といった側面もあるのでしょうか?

副業解禁の流れも、表向きは多様な働き方だとかスキルアップとか言われていますが、正直な所定年まで面倒見きれないという事情のほうが大きいように思えます。

一寸先は闇。大手ですらそうなんだから、中小なんかはまあお察しです。

正直、会社も国も面倒見てくんないです。そもそも見られないし。見る気もないし。

何よりもカイシャって平均すると10年前後で何らかの形で縁が切れちゃうその程度の代物なんです。

出典 : 厚生労働省賃金構造基本統計調査

会社都合(業績不振によるリストラや、倒産)、自己都合ですとまあウンザリしちゃったとかライフイベント(キャリアアップの為の転職、結婚や出産、親の介護)とかイロイロです。

平均もまああまり過信するのも禁物ですが、実態としては入社数年後にやめる人がバタバタいて、サバイブ組(出世するなり、しがみつくなり形は様々)が平均を上げているイメージですね。これは大手にしろ、中小零細にしろ変わらないようです。

何れにしましても、新卒(高卒大卒問わず)で入って定年まで勤め上げるパターンって想像以上に稀なパターンです。終身雇用、何それオイシイの?

そんなわけで、あまりカイシャに義理立てる必要も無いのかなと思います。カイシャが合う合わない、職場の人達が合う合わない。食い扶持としては勿論、出世云々も結構運ゲー要素が高いです。


たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する
レナード・ムロディナウ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 80,241

自分の生活が何よりも大事です。ブラック企業で消耗するなんてもっての外。

会社の概要
  • 設立は2018.1
  • 資本金100万円の合同会社
  • 事業内容はサイトの構築・運営、金融商品の売買、暗号通貨の売買
  • 本社は自宅(賃貸)

ほぼほぼ実態の無い会社です。(^^

特にビジネスプランは無しw強いて言えば投資会社ですね。

金融商品の中でも税金が面倒くさいFXCFD、あとは暗号通貨の売買をやりつつ、ブログをテキトーに書きつつ、テキトーに利益は経費で落としつつ、何かテキトーに思いついたことをやるというかなりいい加減かつ、邪な動機です。

起業といえば何かとビジネスプランが~とか宣う人多いみたいですけど、そんなものは別に後回しでも良いんじゃないかと個人的には思います。良く言えば行動あるのみって事です。


多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

posted with amazlet at 18.04.03
堀江 貴文
幻冬舎 (2017-05-27)
売り上げランキング: 252

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)
幻冬舎コミックス (2018-03-01)
売り上げランキング: 410

トレーディング主体であっても全然構わないです。経費として認められる支出が多ければ税率的に個人でやるよりお得です。損益も通算できるし、それを持ち越せる期間も長いですし、レバレッジをかけたトレーディングで致命傷を喰らったとしても法人格が盾となります。

それに加えて、何かしらのビジネスがやれれば鬼に金棒です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail