「日本株」タグアーカイブ

頼みは中国次第 – iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)より2016Q1の分配金

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail



Unfortunately, we could not get stock quote IAPD this time.より分配金を頂きました。1口辺り0.1108ドルでした。分配金は再投資用にプールします。
続きを読む 頼みは中国次第 – iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)より2016Q1の分配金

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

円安トレンドの終焉?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

金融緩和→円安→株高という基調でここ数年推移してきたのですが、そろそろ流れが変わりそうな気配ですね。

xjy20160215d xjy20160215w

続きを読む 円安トレンドの終焉?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

最近の株価下落に泣く泣くリバランス

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

20160119
年初から想定以上に大ヤラれしてしまったので、泣く泣くリバランスを実施しました。ポートフォリオのβは0.7前後なのですが、やはりレバレッジをかけるとそれなりです。一旦売却して買い場を待つ事に。

上位10保有銘柄
PG 79,31 +0,42 +0,53%
NYSE:DVY 98,92 -0,01 -0,01%(ETF)
IYR 81,32 -0,28 -0,34%(ETF)
Unfortunately, we could not get stock quote IDVY this time.(ETF)
IFGL 29,25 +0,13 +0,45%(ETF)
PM 82,68 -0,52 -0,63%
GE 13,85 +0,42 +3,13%
K 71,17 +0,49 +0,69%
Unfortunately, we could not get stock quote IAPD this time.(ETF)
MO 58,50 +0,49 +0,84%

個別銘柄の比率を落としました。(1銘柄10%以内)特にタバコ2銘柄MO 58,50 +0,49 +0,84%PM 82,68 -0,52 -0,63%の比率が合計で30%を超えていたので売却対象に。ETFの比率が多いので分散はそれなりに効いています。

配当&分配金を蓄えながら、下がった所を丁寧に拾っていきたいと思います。

積極的に仕込みたいのはMO 58,50 +0,49 +0,84%XOM 82,59 -1,07 -1,28%PFE 37,53 +0,01 +0,03%辺りです。配当利回り的にはお得感が出てきたように思えます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

アジア太平洋地域の高配当株への投資 – iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)より2015Q4の分配金

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Unfortunately, we could not get stock quote IAPD this time.


iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)より分配金を頂きました。1口辺り0.6356ドルでした。分配金は再投資用にプールします。
年初からかなり強烈な下げですね。特に新興国&資源国は株安、為替安のダブルパンチと全く良い所無しの厳しい状況です。投資対象国のオーストラリア、
香港の下げは中国の景気悪化と株価下落の影響が大きいと思われます。オーストラリアの隣国であるニュージランドもそれに連座。(何れも景気刺激の為に目下利下げ中ですが、株価はダメ、為替もダメです。)

保有ETFでは一番パフォーマンスが悲惨です。
分配金利回り的には6%前後と魅力的ではあるのですが、今の分配金水準をキープ出来るのか甚だ疑問。
EPS下げ、配当カットで更に・・・と言う嫌な展開が過ぎります。

中国頼み、資源頼みと当面は厳しそうですが、何れ持ち直すであろうと思われますので逆張りで買ってみるのも一考かもしれません。
ちょっと個人的には手が出ないですね。

ETF投資入門 (日経文庫)
カン・チュンド
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3,473

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

通貨選択型投資信託(毎月分配)は自分で作れる。それも低コストで。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

賛否両論ある毎月分配型投資信託ですが、一番の問題は信託報酬の高さだと思います。年間で2%前後となると100万円買って2万も金融機関に貢ぐ計算になります。事務手数料等を考えると仕方が無いのではないかと思うのですが、それが高いと思うような方は自分で作るのも一考です。

通貨選択型に関して言えばやってることは
株式・債券・REITの買い+FX
と蓋を開ければシンプルなものです。

続きを読む 通貨選択型投資信託(毎月分配)は自分で作れる。それも低コストで。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

世界の株式市場を98%カバー – Vanguard Total World Stock ETF(VT)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Vanguard Total World Stock ETF(VT)VT 74,12 -0,83 -1,11%はFTSE Global All Cap Indexに連動を目指すETFです。投資対象は世界中の株式。
世界中の約47カ国、8,000の銘柄に投資しています。世界中の取引所で取引される株式の98%以上をカバーしているとの事です。株式投資はコレ一本で完結出来ちゃう優れ物ETFですね。ちなみに世界の証券取引所で取引される株式の時価総額が75兆ドル(約9000兆円)!!からするとVTの純資産なんて微々たるもの(約80億ドル)なのですが上手くトラッキングしてくれているようです。しかも低コストで。

波瀾の時代の幸福論 マネー、ビジネス、人生の「足る」を知る
ジョン C ボーグル
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 341,753

続きを読む 世界の株式市場を98%カバー – Vanguard Total World Stock ETF(VT)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人でも出来る原油高へのヘッジ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

最近の原油安はバイク乗りの自分にとっては干天の慈雨であります。原油安を要因とするその他(株式)の事も含めると分かりませんが。何れにしても年間で5桁kmも走ると結構ガソリン代も馬鹿にならないです。

年間1万キロ

燃費 20km/L

だとして500L/年。思ったよりもガソリンを喰う生活をしています。

今は原油安真っ只中でですが、先々の事は分かりません。これからまだまだ下がる可能性もありますが、また1バレル100ドル時代に戻る事態も考えられれます。せめて2~3年位はヘッジを考えてもいいのではないでしょうか。

そんなわけでイロイロな手段を考えてみることにします。こういった下がっている時こそヘッジです。

続きを読む 個人でも出来る原油高へのヘッジ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

アジア太平洋地域の高配当株への投資 – iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)は、Dow Jones Asia / Pacific Select Dividend 30™に連動を目指すETFです。主な投資先はアジア太平洋地域の高配当

Unfortunately, we could not get stock quote IAPD this time.

続きを読む アジア太平洋地域の高配当株への投資 – iShares Asia Pacific Dividend UCITS ETF(IAPD)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ビーピー・カストロール (5015)より配当

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

自動車等の潤滑油を主に販売しているビーピー・カストロール (5015)より配当を頂きました。

一株あたりの配当は33円。他の株への再投資資金として留保しました。

自動車向け消耗品なので、業績は安定的だと思います。ただ、短期的には原材料となる原油価格の動向が、長期的には内燃機関の将来性が業績を左右します。

後者に関しては構造要因で、電気自動車等が普及すればそれに伴って内燃機関(ガソリンエンジン)車に使われる潤滑油の需要は減少するので企業の将来性としてはあまり明るい見通しは立てづらいです。

縮小均衡の程度が市場の予想よりも緩やかであれば、その事によって株主は恩恵を受けることが出来ます。

現状、現在の原油価格(WTIで40-50ドル)前後やEV等の普及状況なら、まだまだ内燃機関に軍配が上がる・・・当分はホールドしても大丈夫でしょう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail