「法人口座開設」タグアーカイブ

法人口座でゆうちょ銀行からSBI証券への入金手数料を節約

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

即時入金

個人口座だとそれなりに即時入金(手数料無料で即座に入金)に対応しているSBI証券なのですが、法人口座だと・・・

ネット銀行の二行しか対応していないようです。

振込手数料を節約したい。

メガバンクですと三菱UFJ銀行が同行支店間への振込はオンラインバンキングでは無料のようです。その他は同一支店内のみ。SBI証券への入金を無料しようとなりますと、オンラインバンク2行、三菱UFJ銀行ゆうちょ銀行での振替入金の3つ。

経費で落ちるし~とか、たがが数百円だし~とは思いつつも、極力安く上げたいところなのですが、悲しきかなオンラインバンキング2行、メガバンクと口座開設をお断りされてしまったので当方はゆうちょ銀行一択です。

まあ、オンラインバンキングはATM手数料が、メガバンクは口座維持手数料がといった中ではランニングコスト面でゆうちょ銀行は優秀だと思います。

さてさて入金と思ったら、要申し込みなんですね。早速申し込んでみました。

結構面倒くさい

申し込みなのですが、オンラインで完結・・・と言うわけにはいかずSBI証券から送られてくる用紙に記入して返送し、更にかかる事4週間、そして審査が・・・。と結構面倒くさい。

特にめぼしい株も無く、入金もせずにちゃっかり信用取引や先物・オプション口座の開設は済ませて待つこと4週間。

本当に4週間かかりました。

他でも振替手続きでは時間がかかったので、多分悪いのはゆうちょ銀行ですね。流石元お役所的な。

メッセージボックスに連絡があった翌日からの利用が可能となります。

ただし難点も・・・

手続きが完了すればゆうちょ銀行の口座から無料で入金が可能になるのですが、難点としましては即時でもなく、当日でもなく、翌営業日!

正確には

7:00~14:30の受付 翌営業日9:00に反映
14:30~23:59の受付 翌営業日18:00に反映
0:00~6:59の受付 当営業日18:00に反映

となるようです。

急な入金が必要(欲しい株が、、、とか追証が、、、)な場合は通常振込ですね。

まあ、それでもなおゆうちょ様様だと思っております。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

法人名義でAmerican Express Bussiness Goldカードを作ろう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

経費の精算にはクレジットカード払いが便利です。

クレジットカード払いを忌避しニコニコ現金払いを至高とする人達が日本にはかなり沢山いるらしい・・・です。使い過ぎが心配ととか何となく信用できないとかそんな理由で。

  • お札や小銭を数えるのが面倒くさい

レジでお札や小銭をパラパラ、ジャラジャラで手間取っている人を見ると殺意が湧きませんか?

  • 自動引落

口座振替でも良いのですが、カード払いならよりメリット(以下記述)があります。

  • 支払いを延ばせる

手元に資金を1ヶ月程度留保できるのは便利です。(その分資金繰りが楽になります。)

漕ぐぞ自転車!低金利(≒デフレ)の世の中ではありますが。

どちらかと言いますと、商品やサービスを即座には受け取れない(前払い)かつ、受け取る前に業者が倒産したとか詐欺。そういった場合に支払いのキャンセルや返金のチャンスがあるというメリットが大きいです。現金や振込だと絶望的。

海外通販で仕入れたモノを転売する商売をやる場合は必須ですね。

  • ポイント還元

支払額に対して一定額のポイントや現金が還元されます。原資を払っているのは直接的には加盟店、間接的には現金払いの人達です。ざまあみろです。

個人でもこれだけのメリットがあるのに、頑なに現金払いの人達が沢山いるのは何故なのでしょう?

個人事業主や法人ですと現金を遣り繰りする面倒さから開放されるメリットは何よりも大きいです。使い過ぎが心配と言うのも、個人事業主や法人なら「コレ、経費で落ちるかな?」という歯止めが効くでしょうし。

ただハードルは高いらしい。

新設法人が作る上でハードルとなるのはまず一番が銀行口座の開設、次はクレジットカードの作成だと言われています。

与信(貸付)を伴うので、それなりに厳しいのはなんとなく理解できるのですが、前者はちょっと行き過ぎな感があります。(そこまで犯罪に使われるケースが多いんですかね?)

下手に与信を付けて取り込み詐欺みたいな事になると困るので、

  • 法人としての実体はあるのか?
  • 支払能力はあるのか?

カード会社によっては新設法人は門前払いだったり、支払能力を確認するために決算書を数期分求めたりと、それなりに厳しい審査があるようです。

クレジットカードについては必須ではない・・・最悪個人のカードで立替えたりで済ませる事も可能ではあるのですが、実務上の手続き(伝票起こしたり)や、税務署に突っ込みどころを提供しやすかったり・・・個人と法人の出費はキッチリ分けたほうがいいです。面倒なので、やっぱり法人名義のカードを1枚は持っておきたいところ。

あっさり作れた&与信も太っ腹?

厳しいと言われているクレジットカードの中でも比較的作りやすいのは、なんと巷ではステータスカードとか言われているアメックス!銀行口座の開設で苦労したのが嘘みたいにあっさりと作れました。新設かつ売上が立ってない法人にもそれなりの与信を供与してくれるなんて太っ腹だなあと思いました。

株も持っているのですが、大株主でない限り審査には関係ないwちなみにウォーレン・バフェットはグリーンカードホルダーだそうです。彼レベルだとプラチナやブラックカードで受けられる以上のサービスを年会費を払わなくても受けられるので、上位のカードなんて目もくれないのだと思います。

必要書類として、

  • 個人の運転免許証
  • 法人の登記簿

をスキャンして指定のページにてアップロードしました。数日後に審査開始&居所確認の連絡が郵便書留で、最終的にカードを受け取りまでに掛かった期間は3週間でした。

年会費(グリーンで12,000円/年、ゴールドで31,000円/年)が割に合うかはそれぞれですが、手っ取り早く作れるという意味では第一候補に挙げられると思います。

センチュリオンマークは個人だと中央ですが、ビジネスカードは左上端なんですね。

ゴールドの色合いも若干違います。

であるとか、卒業写真に故あって載れなかった同級生みたいな扱いみたいで何だかなと言う気がしました。

個人のクレヒス(信用情報)も参照?

どうしてこんなに太っ腹なのか?と思うのですが、何てことはなくて法人代表者のクレヒス(信用情報)も参考に審査をしているのではないかと推測されます。既に個人でアメックスの会員だと尚の事話は早そうです。逆に、頑なに現金主義者でクレヒスを積んでない人は苦戦するかも知れません。

いや~、クレヒスって大事だと思いました。

ただ、個人か法人のカードの何れかで事故(延滞)を起こした場合の影響については注意が必要かもしれません。いや、遅れなく支払って個人でも法人でもクレヒスを磨いて更に上位のカードを狙えばいいのですが。

ちなみにビジネスカードの最上位クラスはプラチナカードだそうです。個人だとセンチュリオン(通称ブラックカード)ですが。まあ、ブラックは縁は無いから関係ないけど。

引き落とし口座 – ゆうちょ銀行は注意

無事にカードが届いたらあとは口座引落の申込みを行うのですが、ゆうちょ銀行だけは用紙が違うので注意が必要です。カードと一緒に送られてきた用紙だと受け付けてくれない模様。ゆうちょ銀行用の申込用紙同封で返送されました。そのせいで最初の引き落としは間に合わず、振込で済ませることに。

ついでにETCカードも申込みました。

折角クレジットカードが作れたので、営業車(笑)用のETCカード(1枚あたり500円/年)も申込みました。申し込んでから届くまでに凡そ1週間かかりました。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

SBI証券の法人口座を開設しよう

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

とりあえず開設

口座開設の動機としては、

  • 個人でも使っているから
  • 書類が余ったから。

なので取り敢えずと言った感じです。

個人と法人で優待が二重取り出来るのと、下落局面で含み損は損金として計上出来るのがメリットですね。

開設時点と、信用取引の申込時点で審査があるのですが、特に何事も無く開設が出来ました。ネットで調べてみますと口座開設の時点で落ちた例、信用取引の審査で落ちた例があるようですが、

  • 信用取引
  • FX
  • 外国株
  • 先物オプション
  • CFD(くりっく株365)
  • 金、プラチナ

信用取引口座の開設に数日要した以外は、即日でした。

ちなみにまだ入金してません。

落ちそうな要素としては、バーチャルオフィスくらいしか思い浮かばないのですが、銀行口座の開設をする時点でほぼNGなので、結局のところ運なのかなあ?といった感じです。

必要なモノ

・会社実印、取引印

・法人名義の銀行口座

個人口座と違って現状は住信SBIネット銀行とジャパンネット銀行しか即時入金は対応していないようです。通常の振込の場合、振込先口座は三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行の三行。ゆうちょ銀行からの振替(手数料無料)は別途申し込みと、完了まで3週間程度かかるようです。

諸々の費用を考えると、上述のネットバンクかゆうちょ銀行がおすすめですね。オンラインバンキングは月額利用料取られないし。(メガバンクはオンラインバンキングで月額利用料がかかります。

何気にゆうちょ銀行法人口座って優秀じゃないかと思います。支店は多いし、時間外でも手数料は取られないし、硬貨でも入金できるし、オンラインバンキングは無料だし。

・代表者(いれば取引担当者)の本人確認書類・・・免許証など

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

OANDA Japanの法人口座を作成しよう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人口座でも活用しています。

1通貨という極々小ロットからの取引も出来ますし、取引用APIも充実しているしMetatraderにも対応しているしで、自動取引環境もバッチリです。法人口座の開設をしたので、今後は徐々にそちらにシフトしていくことになります。レバレッジも現行(2018.4現在)25倍が上限なのですが、今後10倍になるようですし。


法人口座(FX)の第一候補

自分は専らトレーディング用なのですが、例えば個人輸入をやっていてそれを法人でやろうって方は是非開設を検討されては如何でしょうか?外貨の先高が見込まれる場合に、予め仕込んでおいて為替リスクのヘッジみたいな用途に便利だと思います。レバレッジは最大で50倍(証拠金2%)で、外貨現物・・・預金よりは扱いは良いです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

会社設立まとめ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

イロイロ面倒臭そうな銀行までが副業解禁をする時代

最近大手企業などで続々と副業を解禁する動きが出ていますね。

びっくりしたのは新生銀行のソレ。銀行がやって大丈夫なのか?とちょっと心配になります。融資周りとかで問題が起きるんじゃないかと思うのですが。融資の見返りにキックバックを貰う商売だとか、自分の会社に本業の銀行から融資を引っ張ったりだとか出来ちゃうんですかね?

実際どのような運用が為されるのかが気になる所です。解禁はしたものの、結局のところ大手を振って副業をする行員はいなかったというオチになるとは思いますが。

元々銀行なんかは出世レースで勝ち残れなかった人は早くて40代くらいから片道出向・転籍で銀行員としてのキャリアを終える事となります。職場に銀行から転籍してきた部長、役員クラスがふんぞり返ってる会社多いですよね?(苦笑

ただ最近は銀行業も左前で出向先(だいたい融資先)の確保も難しいようで、副業解禁もそんな中での苦肉の策といった側面もあるのでしょうか?

副業解禁の流れも、表向きは多様な働き方だとかスキルアップとか言われていますが、正直な所定年まで面倒見きれないという事情のほうが大きいように思えます。

一寸先は闇。大手ですらそうなんだから、中小なんかはまあお察しです。

正直、会社も国も面倒見てくんないです。そもそも見られないし。見る気もないし。

何よりもカイシャって平均すると10年前後で何らかの形で縁が切れちゃうその程度の代物なんです。

出典 : 厚生労働省賃金構造基本統計調査

会社都合(業績不振によるリストラや、倒産)、自己都合ですとまあウンザリしちゃったとかライフイベント(キャリアアップの為の転職、結婚や出産、親の介護)とかイロイロです。

平均もまああまり過信するのも禁物ですが、実態としては入社数年後にやめる人がバタバタいて、サバイブ組(出世するなり、しがみつくなり形は様々)が平均を上げているイメージですね。これは大手にしろ、中小零細にしろ変わらないようです。

何れにしましても、新卒(高卒大卒問わず)で入って定年まで勤め上げるパターンって想像以上に稀なパターンです。終身雇用、何それオイシイの?

そんなわけで、あまりカイシャに義理立てる必要も無いのかなと思います。カイシャが合う合わない、職場の人達が合う合わない。食い扶持としては勿論、出世云々も結構運ゲー要素が高いです。


たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する
レナード・ムロディナウ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 80,241

自分の生活が何よりも大事です。ブラック企業で消耗するなんてもっての外。

会社の概要
  • 設立は2018.1
  • 資本金100万円の合同会社
  • 事業内容はサイトの構築・運営、金融商品の売買、暗号通貨の売買
  • 本社は自宅(賃貸)

ほぼほぼ実態の無い会社です。(^^

特にビジネスプランは無しw強いて言えば投資会社ですね。

金融商品の中でも税金が面倒くさいFXやCFD、あとは暗号通貨の売買をやりつつ、ブログをテキトーに書きつつ、テキトーに利益は経費で落としつつ、何かテキトーに思いついたことをやるというかなりいい加減かつ、邪な動機です。

起業といえば何かとビジネスプランが~とか宣う人多いみたいですけど、そんなものは別に後回しでも良いんじゃないかと個人的には思います。良く言えば行動あるのみって事です。


多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

posted with amazlet at 18.04.03
堀江 貴文
幻冬舎 (2017-05-27)
売り上げランキング: 252

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)
幻冬舎コミックス (2018-03-01)
売り上げランキング: 410

トレーディング主体であっても全然構わないです。経費として認められる支出が多ければ税率的に個人でやるよりお得です。損益も通算できるし、それを持ち越せる期間も長いですし、レバレッジをかけたトレーディングで致命傷を喰らったとしても法人格が盾となります。

それに加えて、何かしらのビジネスがやれれば鬼に金棒です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

まずは一行目には良いかも? – ゆうちょ銀行の法人口座を作成しよう。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

 

会社の概要
  • 設立は2018.1
  • 資本金100万円
  • 事業内容はサイトの構築・運営、金融商品の売買、暗号通貨の売買
  • 本社は自宅(賃貸)

ほぼほぼ実態の無い会社です。(^^



まず一行には良いかも知れません。

感触としましては、厳しいと言われている法人口座の作成でも比較的作りやすい方に思えました。自分はと言いますと、

第一志望 :  ネット銀行(住信SBIネット銀行等)

第二志望 : ゆうちょ銀行

第三志望 : メガバンク(青か緑)

最後の砦 : 地銀・信金

志望巡に審査を受けていく感じでしたが、幸いにも第二志望に引っかかりました。

事後としては、ゆうちょ銀行とメガバンクを同時進行で行いつつ、審査を通った銀行の通帳を使って住信SBIネット銀行に申し込むのが効率が良さそうです。住信SBIは他行法人口座の有無を検討基準にしているようなので。

何れにしましても、最初の一行が重要となります。

一行目が作れれば、他行での審査や、心理的な面で楽になれます。

ゆうちょ銀行はといいますと、預入限度額が1300万円で、借入が出来ない制約がありますが、オンラインバンキングの維持手数料はかからないし、振込手数料は比較的安かったりと、業種によってはメインバンクとしても十分に使えます。

ステップとしても、メインバンクとしても最初の一行にはおすすめだと思います。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

新設法人に人権無し!法人口座開設は結構大変

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail


Designed by Freepik

副業の人は気長に、独立を考えてる人は在職中にやろう

と言うのが感想です。法人設立から銀行口座の開設まで凡そ2ヶ月程費やしました。

会社設立自体は自分でやるにしても、業者に頼むにしても前者は必要書類さえ揃っていれば、後者は流石プロといった感じでスムーズに進むかと思います。しかし大変なのはその後。

売上を受け取るため、あるいは振り込む為の銀行口座の開設が想像以上に難しかったです。というよりは面倒くさい。暗号通貨で受け取れればいいのにとか思ったり。

しばらくは個人口座でという手もありますが、自分のように投資メインだと他人(自分が持ってる法人であっても個人とは別人格)名義だと入金出来ないので、避けては通れず。

必要書類の多さ、そして審査にかかる時間の長さ。設立は業者にやってもらったのですが、法人口座の開設は自分でしなければならない。ココがまず一番の山場、は鬼門と言えると思います。

一通りやってみた感触ですが、設立周りはお金払ってでも業者に頼んだほうが良い気がします。追々決算などでお世話になるでしょうし。

自分はと言いますと

  • ビジネスプラン(笑)・・・サイト(ココ)とか投資とか?具体的には何も考えてません。
  • 設立・・・業者頼み。
  • 銀行口座開設・・・\(^o^)/

まあ、こんな感じです。

新設法人に人権無し

ここ数年ですが、法人の銀行口座開設・・・中でも新設法人(凡そで6ヶ月以内)のソレは非常に審査が厳しくなっているようです。リテール(個人口座)の感覚で臨むと間違いなく痛い目に遭うんじゃないかと思います。初見ストレートで開設出来るのは余程キチンとしてるか、ツイてるか。

自分はと言いますと正直ツイてた方。

自分での感触であるとか、他で調べたり、税理士の先生に聞いた限りですが。あと結果も。

下馬評 結果
メガバンク(都市銀行) ・★★★★☆難しい

赤いところは別格で門前払い。他は支店によりけり?

知名度はあるけどオンラインバンキングで月額手数料が必要。正直、借入をするとか無い限りはメリット無いかも?

第三志望

青い銀行はWeb審査でNG

他はメリットを感じないので後回しにしました。

ネット銀行 ・★★★☆☆比較的緩い

オンラインバンキングの月額手数料無料。その他手数料も安い。

自社サイト必須。書類諸々完備でも運ゲー要素あり。

第一志望

2018.2 住信SBI審査落ち。

敗因は比較的はっきりしてるかな?追々。

地銀、信金 ・★★☆☆☆緩い

地域、支店によりけり。

オフィスへの訪問があるところも。

アパートローンに力を入れてるところもあるので、そっち方面の人は選択肢に入るかも知れません。

最後の砦 と思ってたけど、第二志望で落ち着いたので申し込み無し。

 

ゆうちょ銀行 ・ ★★☆☆☆緩い

必要書類多い。

オンラインバンキングの月額手数料は無料。若干振込手数料が高い、預け入れ限度額が1,300万まで。

バーチャルオフィスはNG

 第二志望

書類審査のみ。書類の不足(先方による)があったけど、比較的スムーズに2018.3開設完了

 

正直人権無い?レベルの扱いだなあと。あくまでお客基準から見てみるとですが。

全般的に塩対応でした。

(まあ、金融系の人って根っこの部分で横柄だけど。)


監査役 野崎修平(新装版) 1 (ヤングジャンプコミックス)
能田 茂
集英社 (2017-11-15)
売り上げランキング: 125,832

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1) (週刊現代コミックス)
講談社 (2017-11-22)
売り上げランキング: 11,754

書類に不備がありますと容赦なく突っ返されますし、不足がありますと、此方都合だろうが先方都合(経験あり)だろうが審査は中断します。そしてロスタイムが。

書類が完備していても、総合的な判断により落とされる時は落とされます。

落ちた理由(≒審査基準)を教えてくれないのがツライ所です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail