タグ別アーカイブ: 調べてみた

ビットコインのボラティリティ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ハイリスク(≒ハイリターン)

BTC/JPY(ビットコイン/円)の2013年4月28日~2017年9月27日標準偏差を調べてみますと、凡そで4.4%となりました。一般的な株式指数(凡そで2%前後)や為替(1%)と比較しますと、かなりハイリスクだと言えます。ただ、これはあくまで終値ベースでの集計日中に動いて長いヒゲを上下に付けることが多いので。体感としてのボラティリティは数値上よりももっと大きいように思えます。ボラティリティが高いと言うことは、大きく損をする可能性が高いと同時に、大きな利益を得られる可能性があるという事でもあるので、一部の投機家やギャンブラーには好まれている模様。

ボラティリティの推移はどうか?

次に30日毎のヒストリカルボラティリティを見てみますと、トレンドとしては下落傾向にあるようですね。やはり市場参加者が増えて、取引の厚みが出てきますとある程度は値動きがマイルドになるのかもしれません。ただ、最近は上昇傾向にあります。

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

 

のせめぎ合いですね。後は、政府による規制など。

 

参加者のセンチメントが一方に偏ると、一気にモメンタムを伴って動くようですね。最近のチャイナショックや、ダイモンショックが典型。

金(Gold)との比較


マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
橘 玲
幻冬舎
売り上げランキング: 33,287

マネーロンダリング脱税いざとなった時はインゴットや宝飾品の形で秘匿、持ち出し逃避用の投資対象として由緒正しい金(Gold)。

そう言った用途にも使えて便利なビットコイン(巷では、デジタルゴールドと呼ばれていたり。)の比較対象として挙げられる事が最近多いですね。

XAU/JPY(日足)の標準偏差が大凡で1%程度なので、それと比較しますとかなりハイリスクですね。持ち出したは良いものの、目減りしてしまったという事も多々。(逆もまた有りえますが。)

持ち運び性や、換金性では何れも一長一短ですが、ボラティリティの観点からは由緒正しい金(Gold)に一日の長があるのではないでしょうか?

ビットコイン(に限らず仮想通貨)の将来

前述しましたように、

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

  • 技術面でもまだまだ途上で、決済手段としては既存の銀行システムやクレジットカード、それどころかSuicaにも遠く及ばない。実用性を考えると、ボラティリティは低ければ低い程良い、反面でボラティリティが低すぎると好事家(技術者や投資家、投機家、ギャンブラー等有象無象)が離れてしまうと言う痛し痒し。ボラティリティは避けるべきものであると同時に、愛すべきもの。
  • 既存の体制側からの反発、押さえ込み。

ゾーンマネジメント 破壊的変化の中で生き残る策と手順
ジェフリー・ムーア
日経BP社
売り上げランキング: 3,557

新しものって、技術に限らずこういった面があるんじゃないかと思います。不安がある反面で、ワクワクもある。様々な期待と不安が交錯する中で、当面はハイボラティリティな動きが続きそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

クロス円主要通貨ペアのボラティリティ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

今回はクロス円主要通貨ペアのボラティリティ(週足)について調べました。数日~数週間で決済するスイングトレード、低レバレッジあるいは外貨預金で長期に積み立てる方向けかなと思われます。


通貨ペア 期間 ボラティリティ(標準偏差) 最大上昇率 最大下落率
Unfortunately, we could not get stock quote USDJPY=X this time. 2002.5.12-2016-12.15 1.47% 5.38%(4) -7.83%(5)
Unfortunately, we could not get stock quote EURJPY=X this time. 1.70% 7.05%(4) -13.83%(8)
Unfortunately, we could not get stock quote GBPJPY=X this time. 1.88% 7.23%(4) -15.83%(8)
Unfortunately, we could not get stock quote CHFJPY=X this time. 2004.6.6-2016.12.25 1.83% 17.14%(9) -10.71%(6)
Unfortunately, we could not get stock quote CADJPY=X this time. 2.06% 11.31%(6) -14.87%(7)
Unfortunately, we could not get stock quote AUDJPY=X this time. 2.42% 14.05%(6) -18.16%(8)
Unfortunately, we could not get stock quote NZDJPY=X this time. 2.41% 9.42%(4) -15.81%(8)

上昇率/下落率の()カッコ値は、標準偏差の凡そ何倍にあたるかを示します。大きくなるほどありえない・・・個人的な感覚としては3より大きいとブラック・スワンな値動きに思えます。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7,067

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 17,253

続きを読む クロス円主要通貨ペアのボラティリティ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

情報の増加は必ずしも市場の安定化には寄与しないかも。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

メディアは、新聞、ラジオ→テレビ→インターネット

売買の執行は場立→コンピュータ→AI

といった感じで、目覚ましく進歩しているのですが、肝心な使い手である人間がついて行けていない様な気がします。

情報技術、市場参加者の厚み・・・そして行き交う情報の量、70年前とは比較にならないはずなのに、市場は相も変わらずバブルとその崩壊を繰り返し続けるのは何故なのでしょうか?

経済学の教科書的には、市場参加者の厚みとそれに伴って行き交う情報が増えれば増える程、価格の変動は安定するとの事なのですが、調べてみますと結論は必ずしもそうではないようです。むしろ、逆の結果が。

上記のグラフは1955年-2016年末におけるUnfortunately, we could not get stock quote INDEXSP:.INX this time.(配当調整済み、月足)の期待リターンと標準偏差、(期待リターン/標準偏差)の移動平均(60)、各々の回帰直線(トレンド)をプロットしたものです。元データは1950年-2016年末を、Yahoo!Financeより拝借しました。 続きを読む 情報の増加は必ずしも市場の安定化には寄与しないかも。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

大統領就任式で今週は荒れそう? – コツコツと外貨投資20170115

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

取引ルール

  • 手動
  • 通貨ペアはクロス円のメジャー通貨
  • ロットはLeveraged NAVの0.02%
  • 利確は建値+2%
  • 利確ポイントにヒットしたら1円刻みで上下に指値を5本(期限1ヵ月)
  • 指値が無くなったら下に1円刻みで新規設定。
  • 損切は無し(マーチンゲール)

外国株投資&海外通販用の外貨を安く仕込むのが目的です。下値を根気よく拾いつつ、確定益とスワップで平均単価を徐々に下げていきます。


1通貨単位からトレード出来るOANDAがお勧めです。

通貨ペア 平均単価

(確定益&

スワップ)

利確

ポイント

エントリー

ポイント

Unfortunately, we could not get stock quote USDJPY=X this time. 116.782

(93.18)

116.79
113.50
Unfortunately, we could not get stock quote EURJPY=X this time. 122.804

(14.72)

124.236
120.8
Unfortunately, we could not get stock quote GBPJPY=X this time. 151.160

(144.32)

141.76
138
Unfortunately, we could not get stock quote CHFJPY=X this time.  114.547

(103.30)

115.668
113
Unfortunately, we could not get stock quote CADJPY=X this time. 87.678

(16.03)

87
85
Unfortunately, we could not get stock quote AUDJPY=X this time. 86.160

(15.29)

85.986
83.3
Unfortunately, we could not get stock quote NZDJPY=X this time. 82.273

(61.97)

82.314
79.7
( ロングの総額 ) ÷ ( 通貨数 )

127.17

135.67

(119.76)

クロス円のパフォーマンス(年初来)

大統領就任式

ご祝儀相場が一段落したのと、米大統領の就任式を今週末に控えているのとで、全般的にポジション調整の動きが進みました。円相場は豪ドル/ニュージーランドドルを除いては円高方向に。

 

動意が付き出すのは大統領就任式以後なのではないかと思います。


就任前からTweet一つでUnfortunately, we could not get stock quote 7203:TYO this time.を始めとする自動車株を振り回したりと、非常にお騒がせな次期大統領ですが、今後はこれまで掲げた公約のどれだけが実現されるかに注目が集まります。

就任前のBig mouthからどれだけが実現(不)可能かで、振り回される展開になりそうですね。

特に注目は即効性のある税制関係。

その他は、実現可能性が低かったり(国境に壁作るとか)、効果が出るのに時間がかかりそう(貿易協定)だったりと、そんなものより税制です。

大まかには以下

  • 年収で25,000ドルの単身世帯、50,000ドルの夫婦世帯の所得税を免除
  • 税率区分を7から削減し、所得税の最高税率を39%から25%に。
  • 法人税の最高税率を35%から15%に

見事なまで、清々しいまでの富裕層優遇ですね。日本じゃ考えられないし、アメリカでも難しい気がします。これは、前戻しもあるんじゃないでしょうか?

英ポンドを除いて利確したので、調整過程で幾らかポジションを仕込みました。レバレッジは2倍前後なので、どちらに動いても当面は問題ないです。目先ドル円で110円辺りまでは個人的には行ってほしいかなと思っています。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ドルコスト平均法の効果 – ユーロ円

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ユーロ円Unfortunately, we could not get stock quote EURJPY=X this time.ドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンスを検証してみました。具体的なイメージとしましては、毎月決まった日(給料日等)に一定額(円建て)で積み立てて金融商品や海外通販の購入資金とする。あるいは為替変動リスクをヘッジ(固定化)するといったところです。

条件

  • データはMetatrader(OANDA)のクォート

  • 期間 : 2002.6~2016.12

  • 価格 : 終値

  • 取引コスト、金利(≒インフレ率)は考慮せず。

続きを読む ドルコスト平均法の効果 – ユーロ円

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ドルコスト平均法の効果 – ドル円

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ドル円Unfortunately, we could not get stock quote USDJPY=X this time.ドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンスを検証してみました。具体的なイメージとしましては、毎月決まった日(給料日等)に一定額(円建て)で積み立てて金融商品や海外通販の購入資金とする。あるいは為替変動リスクをヘッジ(固定化)するといったところです。

 

条件

  • データはMetatrader(OANDA)のクォート

  • 期間 : 2002.6~2016.12

  • 価格 : 終値

  • 取引コスト、金利(≒インフレ率)は考慮せず。

続きを読む ドルコスト平均法の効果 – ドル円

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail