タグ別アーカイブ: 貴金属

ビットコインのボラティリティ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ハイリスク(≒ハイリターン)

BTC/JPY(ビットコイン/円)の2013年4月28日~2017年9月27日標準偏差を調べてみますと、凡そで4.4%となりました。一般的な株式指数(凡そで2%前後)や為替(1%)と比較しますと、かなりハイリスクだと言えます。ただ、これはあくまで終値ベースでの集計日中に動いて長いヒゲを上下に付けることが多いので。体感としてのボラティリティは数値上よりももっと大きいように思えます。ボラティリティが高いと言うことは、大きく損をする可能性が高いと同時に、大きな利益を得られる可能性があるという事でもあるので、一部の投機家やギャンブラーには好まれている模様。

ボラティリティの推移はどうか?

次に30日毎のヒストリカルボラティリティを見てみますと、トレンドとしては下落傾向にあるようですね。やはり市場参加者が増えて、取引の厚みが出てきますとある程度は値動きがマイルドになるのかもしれません。ただ、最近は上昇傾向にあります。

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

 

のせめぎ合いですね。後は、政府による規制など。

 

参加者のセンチメントが一方に偏ると、一気にモメンタムを伴って動くようですね。最近のチャイナショックや、ダイモンショックが典型。

金(Gold)との比較


マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
橘 玲
幻冬舎
売り上げランキング: 33,287

マネーロンダリング脱税いざとなった時はインゴットや宝飾品の形で秘匿、持ち出し逃避用の投資対象として由緒正しい金(Gold)。

そう言った用途にも使えて便利なビットコイン(巷では、デジタルゴールドと呼ばれていたり。)の比較対象として挙げられる事が最近多いですね。

XAU/JPY(日足)の標準偏差が大凡で1%程度なので、それと比較しますとかなりハイリスクですね。持ち出したは良いものの、目減りしてしまったという事も多々。(逆もまた有りえますが。)

持ち運び性や、換金性では何れも一長一短ですが、ボラティリティの観点からは由緒正しい金(Gold)に一日の長があるのではないでしょうか?

ビットコイン(に限らず仮想通貨)の将来

前述しましたように、

世の中を変えるかもしれないスゴイ技術

vs

所詮ただのデータでしょ?

  • 技術面でもまだまだ途上で、決済手段としては既存の銀行システムやクレジットカード、それどころかSuicaにも遠く及ばない。実用性を考えると、ボラティリティは低ければ低い程良い、反面でボラティリティが低すぎると好事家(技術者や投資家、投機家、ギャンブラー等有象無象)が離れてしまうと言う痛し痒し。ボラティリティは避けるべきものであると同時に、愛すべきもの。
  • 既存の体制側からの反発、押さえ込み。

ゾーンマネジメント 破壊的変化の中で生き残る策と手順
ジェフリー・ムーア
日経BP社
売り上げランキング: 3,557

新しものって、技術に限らずこういった面があるんじゃないかと思います。不安がある反面で、ワクワクもある。様々な期待と不安が交錯する中で、当面はハイボラティリティな動きが続きそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Islamic State(イスラム国)の独自通貨

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

the-rise-of-the-khilafah-return-of-the-gold-dinar
Islamic State(イスラム国)の支配地域ではドルやユーロ、英ポンド、その他周辺国の通貨が諸々の取引に使われているのですが、独自通貨の発行も行われているようです。
通貨の発行は国家の特権であるので、国を自称する以上は当然やってもおかしくない。

ただ不換紙幣(Bank note)だと速攻でジンバブエドル化するのは火を見るよりも明らかなので、用いられるのは金属貨幣(金、銀、銅)。
実物貨幣なのは不換紙幣・・・特にドルに対するアンチテーゼの側面もあるのかなと思います。
あちら側の人間ではなくても、どうも(特にドルを基軸とした)信用創造システムに対しては幾分気持ち悪さの様なものを感じますし。(どうして紙切れに価値があるのだろうか?とかそういった意味で。)


ALHAYAT Media centerのプロパガンダ動画。大学で金融論の授業で似たような内容のレクチャーを受けたような気がします。なかなか金融の教材としては秀逸かもしれません。

金 : Dinar(ディナール) 2種
銀 : Dirham(ディルハム) 3種
銅 : Fals(フォルス) 2種
の計7種類が発行されているそうです。

流通量が少ない&Islamic State(イスラム国)もこの先長くはないであろうので、そのうちコインコレクターの間でプレミアが付きそうです。



これは欲しいと思って探したらAmazonで見つけました。
レプリカにしては高いけど、インテリアにはよさそうな気がします。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Latvijas Banka(ラトビア銀行)発行の5ユーロ銀貨 “Fairy Tale Coin I. Five Cats”が可愛い

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

バルト海沿岸に面する小国(人口200万程)ラトビア共和国の中央銀行であるLatvijas Banka(ラトビア銀行)が発行した5ユーロ銀貨“FAIRY TALE COIN I. FIVE CATS”を
BaltCoinと言う通販サイトで購入しました。
他の記念硬貨と同様に市中で使えます。(使いませんがw)
絵本のキャラクターだそうですが、可愛くてGood


2004年にEU加盟、2014年にユーロを導入。(旧通貨はラット)
経済規模は沖縄県程度(2013年のGDPは309億ドル)主要な産業は金属・木材の加工、観光だそうです。

例に漏れず、ユーロ導入直後はバブっていたのですが、リーマンショック、ユーロ危機の煽りをモロに受け、
目下ECBによる金融緩和でインフレに苦しんでいるそうです。

これといった国際競争力のある産業を持たない小国の悲哀ですね。

こういった国は記念硬貨や記念切手の発行が国庫収入源になっているそうです。
見ると結構乱造している感があります。

日本もマリオだとかピカチュウの記念硬貨を発行すれば世界中で売れるんじゃないかしらと思うわけですが。
ピカチュウはニウエでで10ニュージーランドドル銀貨が過去に発行されたそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail