「CFD」タグアーカイブ

逆張りナンピン系のトレード戦略には法人経由の取引が有利

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トレードスタイルに合わせて個人と法人を使い分けましょう。

個人的にはインデックスファンド・ETFのバイ・アンド・ホールド以外のトレーディング戦略は、法人経由で取引するのが良いのではないかと思っています。法人を維持する最低限の費用(均等割の法人住民税、決算を依頼する場合は税理士へ払う顧問料)をどう捉えるかにもよりますが。

逆張りナンピン系のトレード戦略

代表的なものとしてはトラリピが挙げられるのではないかと思われます。レンジ相場では差益をコツコツ積み上げつつ、高金利通貨をロングしていたらスワップももらいつつでお手軽な投資戦略ではあるのですが、レンジを逆方向に抜けてしまいますと、投資家によってはどうしても逆張りナンピンのトレードが続いてしまい、短くても数週間、長くて数ヶ月・・・苦しい時期を過ごすことになります。

そして決断を迫られる年末間近・・・損益を確定させるか、年をまたぐかは非常に悩ましいところではないでしょうか?

年をまたいで利益が出れば良いのですが、持ち越した挙げ句に爆死となりますと、前年分の確定益の税金は払わされそして、損失を取り戻すためのトレードに勤しむというかなり悲惨な結果に・・・。

経費を乗せつつ損益通算&繰越欠損金(9年)

法人経由でトレードする事のメリットとしては、損益通算で他の所得(損失)とトレードの損失(利益)を相殺出来ることと、そして損失を繰り越せる期間が9年と非常に長い事が挙げられます。(個人だと3年)

トレードにしましても、株式、FX(CFD)、先物、仮想通貨と個人だと損益通算出来ない金融商品同士でも法人だと通算が可能です。

繰越期間が長いというのは大きなメリットで、うっかりリスク管理に失敗して大損それも前年に利益が出てからの・・・といった場合の個人ですと3年以内に取り返さなければ税金が重しとなります。取り戻そうと焦って失敗すると目も当てらない事にも・・・。

繰越期間が9年となりますと、それなりに腰を落ち着ける事が出来ます。法人での取引ならば単年、あるいは数年では損を出しても繰越期間を通して利益が出ていればOKとなるわけです。メンタル的には幾分楽だと言えるのではないでしょうか?

そして、最終的には個人と法人のトータルで見た場合にお金が残れば良いのですから、

  • 家賃光熱費
  • ソフトウェア、ハードウェア、書籍代
  • セミナー代
  • 税理士への顧問料

etc…

と、経費として認められるものは片っ端から計上して支払う税金を圧縮しましょう。利益が出た時に節税の余地が大きいのも法人経由でトレードをするメリットだと思います。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

法人経由での金融商品の売買 – メリットとデメリット

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人と法人上手く使い分けましょう。

何か商売をしつつ投資、あるいは初めから投資ありきで何か良いシノギがあればやる(自分は後者です。)・・・何れにしましても証券会社、FX/CFD、先物・オプションの法人取引口座は作っておくと良いのではないかと思います。税制が個人と法人で違うので、その差を上手く利用していきたいところです。ついでに余った登記抄本や印鑑証明書も活用。

  • トレーディング要素が高い。高いレバレッジをかけたい
  • 税制が整備されておらず総合課税の雑所得扱い

こういった取引は是非法人経由で取引したほうが良いと思います。

1つめに当てはまるのはFXCFD、先物、オプション。2つめに当てはまるのは仮想通貨(暗号通貨)です。

バイ・アンド・ホールドの積み立てでインデックス投資オンリーの場合は、圧倒的に個人でやった方がいいです。後述する、有限責任と倒産隔離の観点からも。

個人としてやる部分、法人としてやる部分、上手く分ければ最悪な事態を避けつつ、手元に残るお金を多くする事が可能です。

経費が認められる範囲が広い

個人ですとせいぜい書籍やセミナー代程度しか経費として認められませんが、法人ですと事業に関わる支出はほぼほぼ経費として認められます。経費で利益を圧縮できれば、個人で売買するよりもお得な事もあります。

維持費用として(依頼する場合は)税理士への顧問料、法人住民税(均等割)で年間30万程度は最低かかりますが、前者については経費として認められます。


なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学
小堺 桂悦郎
フォレスト出版
売り上げランキング: 197,844

 損益通算

個人ですと損益通算可能な範囲が限られ(色分けの通り)ますが、法人ですと事業での損益も含めて通算することが出来ます。ただトレーディングを目的とする法人の場合は、含み益にも課税されてしまう・・・利益の繰り延べが出来ないのが悩みどころですね。

個人 株式、公社債 国内のFXCFD、先物、オプション 海外のFXCFD、先物、オプション 貸株 仮想通貨(暗号通貨)
法人     事業での所得も含めて損益通算可能

事業や各金融商品のアセットクラスの組み合わせ(ポートフォリオ)での利益を最大化する・・・ここが腕の見せ所だと思います。

損失の繰越

更に損失を繰り越せる期間も長いです。個人ですと3年しか繰越が出来ませんが、法人ですと最大で9年繰り越すことが出来ます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

個人でも出来る原油高へのヘッジ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

最近の原油安はバイク乗りの自分にとっては干天の慈雨であります。原油安を要因とするその他(株式)の事も含めると分かりませんが。何れにしても年間で5桁kmも走ると結構ガソリン代も馬鹿にならないです。

年間1万キロ

燃費 20km/L

だとして500L/年。思ったよりもガソリンを喰う生活をしています。

今は原油安真っ只中でですが、先々の事は分かりません。これからまだまだ下がる可能性もありますが、また1バレル100ドル時代に戻る事態も考えられれます。せめて2~3年位はヘッジを考えてもいいのではないでしょうか。

そんなわけでイロイロな手段を考えてみることにします。こういった下がっている時こそヘッジです。

続きを読む 個人でも出来る原油高へのヘッジ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Interactive Brokersの口座開設

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ib

各国の株式、FX/CFD、債券、オプションと幅広い金融商品へのアクセスが可能な、ディスカウントブローカーInteravctive Brokers(以下IB)のIBLLC口座開設について書きます。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)
橘 玲
講談社
売り上げランキング: 74,330

 

最近米国株投資に使用していた証券会社が現地人以外お断りとの事で追い出される事となり、

避難先として開設したのですが、マージン取引(信用取引にあたります)も含めて手数料も安いしポートフォリオの分析機能も充実しているし預かり資産も株式・債券・先物・オプション・FX/CFD全て一元管理で便利…となかなかお勧めです。

外国株(ETF含む)へ投資している方は是非開設を検討されては如何でしょうか。

日本語対応(日本法人が現地法人の開設を取り次いでいます。)なので、開設も簡単です。

ほぼ国内の証券会社と同様の手続きで開設する事が出来ます。

  • 初回の入金が10,000米ドル相当必要。
  • 開設から3ヶ月経つと預かり資産が10万ドル相当未満だと口座維持費用が月10ドル米ドル相当かかります。(ただし、月間手数料と相殺)
  • 譲渡損益が発生した時や、外国株配当控除を受ける場合は確定申告が必要。
  • 配当金自動再投資(DRIP)は非対応

この辺りをどう捉えるかによるとは思いますが。

あとは海外に口座を持つ際に問題となるのは外国送金です。

送金手数料と、両替する際には銀行の高いスプレッド、リフティングチャージがネックとなります。

続きを読む Interactive Brokersの口座開設

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail