「CFD」タグアーカイブ

個人でも出来る原油高へのヘッジ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

最近の原油安はバイク乗りの自分にとっては干天の慈雨であります。原油安を要因とするその他(株式)の事も含めると分かりませんが。何れにしても年間で5桁kmも走ると結構ガソリン代も馬鹿にならないです。

年間1万キロ

燃費 20km/L

だとして500L/年。思ったよりもガソリンを喰う生活をしています。

今は原油安真っ只中でですが、先々の事は分かりません。これからまだまだ下がる可能性もありますが、また1バレル100ドル時代に戻る事態も考えられれます。せめて2~3年位はヘッジを考えてもいいのではないでしょうか。

そんなわけでイロイロな手段を考えてみることにします。こういった下がっている時こそヘッジです。

続きを読む 個人でも出来る原油高へのヘッジ

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Interactive Brokersの口座開設

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ib

各国の株式、FX/CFD、債券、オプションと幅広い金融商品へのアクセスが可能な、ディスカウントブローカーInteravctive Brokers(以下IB)のIBLLC口座開設について書きます。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫)
橘 玲
講談社
売り上げランキング: 74,330

 

最近米国株投資に使用していた証券会社が現地人以外お断りとの事で追い出される事となり、

避難先として開設したのですが、マージン取引(信用取引にあたります)も含めて手数料も安いしポートフォリオの分析機能も充実しているし預かり資産も株式・債券・先物・オプション・FX/CFD全て一元管理で便利…となかなかお勧めです。

外国株(ETF含む)へ投資している方は是非開設を検討されては如何でしょうか。

日本語対応(日本法人が現地法人の開設を取り次いでいます。)なので、開設も簡単です。

ほぼ国内の証券会社と同様の手続きで開設する事が出来ます。

  • 初回の入金が10,000米ドル相当必要。
  • 開設から3ヶ月経つと預かり資産が10万ドル相当未満だと口座維持費用が月10ドル米ドル相当かかります。(ただし、月間手数料と相殺)
  • 譲渡損益が発生した時や、外国株配当控除を受ける場合は確定申告が必要。
  • 配当金自動再投資(DRIP)は非対応

この辺りをどう捉えるかによるとは思いますが。

あとは海外に口座を持つ際に問題となるのは外国送金です。

送金手数料と、両替する際には銀行の高いスプレッド、リフティングチャージがネックとなります。

続きを読む Interactive Brokersの口座開設

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail