法人口座でのFX取引

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

自動取引で利益を取りながら、経費でキャッキャウフフ

出来れば良いのですがどうなる事やら・・・。

トレーディングシステム

トレーディングプラットフォームのJijiをHeroku上にインストールして動かしています。トレーディングシステムはお手軽なトラップリピートイフダン(トラリピ)をとりあえず。。。

Herokuの利用料(月額7ドル)は経費として法人名義のクレジットカードから引き落としです。

取引ルール

  • ドル円ロングをメインに

実需でも使う頻度が高いので、ロットは多めに。ドル中心で後述するドルストレート、クロス円の取引でその他通貨を触る感じとなります。

  • 先進国通貨のみ

取引通貨は、円、ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、スイスフラン、豪ドル、ニュージーランドドル・・・先進国通貨です。スワップ的には新興国通貨(代表的には南アフリカランドやトルコ・リラ)が魅力的なのですが、特に今の状況ですと手を出すのはちょっと・・・そもそも高金利≒高インフレでその分だけ減価するものなので、比較的物価の変動が安定している先進国通貨の値動きを根気よく拾っていくことにします。先進国通貨であっても動く時は動きますし。

  • ドルストレートのドルショート

ドルの持ち高を調整します。ドル円ロングで、ドルストレートのドルショートだと、合成ポジションでクロス円のロングを作ることになります。

  • クロス円はショートで

円のロング・ショート、合成ポジションのクロス円のロング・ショートを調整します。回りくどいことをして結局の所ドル円のロング・ショートになったりとか。証拠金が拘束されてしまいますが、基本放置しつつも細かくポジションを調整したいので、まあコストですね。

  • 利確は各通貨ペア1%程度

あまり利幅が小さいとスプレッド負けするしで、大きすぎると値幅を取りこぼすしで何となくで1%としました。流動性の大きいEURUSD=X 1,13 -0,00 -0,08%については0.5%で設定してあります。最適な利確幅については今後探ってみることとします。

  • 極力放置出来るレバレッジで

週一ペースで週末にポジションチェックをして週明けの取引ロットを調整する感じでノンビリとやりたいところです。取引ロットを調整するポイントとしてはボリンジャー・バンド(200日)の±1σ(オレンジの太線)、±2σ(水色の太線)を目安とします。調整ポイントをブレークした時点で順張りは厚め(1.5倍)に、逆張りは薄め(半分)に。証拠金比率を見ながら、極力安全に運用できるように心がけます。

早速動かしてみた感触

とりあえず1ヶ月ちょっと動かしてみた感じですが、それなりに値幅は取れてます。が、最近のドル高はちょっと痛いですね。レンジ内で動いている間は問題ないレバレッジなので、しばらく様子見です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

カナダで来春以降マリファナ(大麻)が解禁?マリファナ関連株へGo!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

医療用を経て嗜好用も…コンビニで買えるようになるとか。

そうなりますと立派なビジネスですよ。ビジネス。Let’s get high!!!

コーヒーショップ()が上場する日も近いのではないでしょうか?

フロンティア狙いの投資家ならば、このビッグウェーブには乗るしか無い。


マリファナ・X―意識を変える草(ハーブ)が世界を変える
マリファナ・X編集会
第三書館
売り上げランキング: 166,016

まだシャバで消耗してるの?イケハヤ尊師も推奨()

まあ、彼は単にトークンハメ込みたいだけだと思いますけど。でも目の付け所は素晴らしいと思います。個人的には栽培免許を取得して限界集落で大麻(産業用)の栽培でもやってくれると面白いとは思いつつも、多分免許取れないだろうし、取れたとしても農作業なんてやんないというか出来ないでしょうが。そのうち、まだシャバで消耗してるの?とか、まだ現世で消耗してるの?とかやってそうで心配です。金融商品とか、仮想通貨周りでちょっと恨みを買い過ぎじゃないかな?

鳥取での一件もありまして、日本での栽培は厳しいんですね。

怪しいトークン買うくらいなら素直に株・・・分散を効かせてETFがオススメです。

現状としては、個別株も何処の馬のホネは言い過ぎまでもMicro Cappes(極小)かつ医療用と超絶ハイリスクな銘柄がメインとなる中で、怪しいトークンに手を出すのは命知らずなんじゃないかなあ?と個人的には思います。それなりにルールが整備された証券取引所でのラインナップですらこのザマなのですから、何処ぞの馬の骨とも知れない投資家に回って来る話と言うのはほぼほぼScam(インチキ、詐欺)と心得るのが吉です。個別銘柄でも、どれか一個大当たり引ければ良いかなあといったそんな感じですね。正直なところ。

マリファナ料理銘柄

情報源: クッキング・ハイ: マリファナ料理対決 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

パッと思いつく限り、ハッピーピザとかチョコに混ぜ込んだりとか。

となりますと、Domino’s Pizza, Inc.Domino Pizza 277,32 -2,86 -1,02%とか、Hershey CoHershey Co 106,00 -0,21 -0,20%も関連株に・・・ちょっと雑過ぎですね。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トラリピ(トラップリピートイフダン)での死亡率を下げる方法

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コツコツドカン

基本的にはレンジで根気よく差益やスワップを抜きつつ、逆方向にレンジを外れてしまった場合はひたすら耐える・・・耐えられなければ死亡・・・つまりコツコツドカンと言う戦略です。それでもレンジに耐えられれば安定して利益を抜けますし、中小のボラティリティを根気よく自動で抜くというのは個人的にはトレーディング戦略としてアリだと思います。(特にコレと言ったトレーディングシステムが構築出来ない・・・自分のようなヘタレには。)

重要なのはいかにして死なないか・・・生き残るかですね。

証拠金は十分に積みましょう

身も蓋もない話ではありますが、十分な証拠金を積む・・・低レバレッジが原則と言うか鉄則です。極論を言ってしまうと平時はレバレッジをかけない位が理想だと言えます。年に数回、数年に一度レベルのお祭り・・・と言うか狂宴で抜ければパフォーマンス的にはボチボチだったりするのですが、なかなかそう言った場面を待ち構えるのは難しいですね。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,259

 

新興国通貨は避けましょう

高金利でスワップを抜く戦略は、利回り豚さんにはこの上なく魅力的に映るのでしょうが、高金利通貨というのは同時に高インフレであったりします。

インフレ率 > 金利

の通貨・・・債券、南アフリカランド、トルコ・リラ人気のうちは良いのですが、ちょっとした政変や、世界的なリスクオフ、昨今のようなドル高局面になるとパフォーマンスはズタボロに。

それでも大損してしまった(涙)

十分な証拠金を積み、利回りの誘惑に耐えたとしても食らうときは食らうのが悲しいところです。政治的にも経済的にも比較的安定している先進国であっても食らうときは食らいます。それも豪快に。

そう言った場合に、少なくとも致命傷を避ける。重傷であってもリカバリーにかけられる期間を出来るだけ長く取る。となりますと、法人経由のトレードは検討の価値があると思います。

有限責任は素晴らしい!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

逆張りナンピン系のトレード戦略には法人経由の取引が有利

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

トレードスタイルに合わせて個人と法人を使い分けましょう。

個人的にはインデックスファンド・ETFのバイ・アンド・ホールド以外のトレーディング戦略は、法人経由で取引するのが良いのではないかと思っています。法人を維持する最低限の費用(均等割の法人住民税、決算を依頼する場合は税理士へ払う顧問料)をどう捉えるかにもよりますが。

逆張りナンピン系のトレード戦略

代表的なものとしてはトラリピが挙げられるのではないかと思われます。レンジ相場では差益をコツコツ積み上げつつ、高金利通貨をロングしていたらスワップももらいつつでお手軽な投資戦略ではあるのですが、レンジを逆方向に抜けてしまいますと、投資家によってはどうしても逆張りナンピンのトレードが続いてしまい、短くても数週間、長くて数ヶ月・・・苦しい時期を過ごすことになります。

そして決断を迫られる年末間近・・・損益を確定させるか、年をまたぐかは非常に悩ましいところではないでしょうか?

年をまたいで利益が出れば良いのですが、持ち越した挙げ句に爆死となりますと、前年分の確定益の税金は払わされそして、損失を取り戻すためのトレードに勤しむというかなり悲惨な結果に・・・。

経費を乗せつつ損益通算&繰越欠損金(9年)

法人経由でトレードする事のメリットとしては、損益通算で他の所得(損失)とトレードの損失(利益)を相殺出来ることと、そして損失を繰り越せる期間が9年と非常に長い事が挙げられます。(個人だと3年)

トレードにしましても、株式、FX(CFD)、先物、仮想通貨と個人だと損益通算出来ない金融商品同士でも法人だと通算が可能です。

繰越期間が長いというのは大きなメリットで、うっかりリスク管理に失敗して大損それも前年に利益が出てからの・・・といった場合の個人ですと3年以内に取り返さなければ税金が重しとなります。取り戻そうと焦って失敗すると目も当てらない事にも・・・。

繰越期間が9年となりますと、それなりに腰を落ち着ける事が出来ます。法人での取引ならば単年、あるいは数年では損を出しても繰越期間を通して利益が出ていればOKとなるわけです。メンタル的には幾分楽だと言えるのではないでしょうか?

そして、最終的には個人と法人のトータルで見た場合にお金が残れば良いのですから、

  • 家賃光熱費
  • ソフトウェア、ハードウェア、書籍代
  • セミナー代
  • 税理士への顧問料

etc…

と、経費として認められるものは片っ端から計上して支払う税金を圧縮しましょう。利益が出た時に節税の余地が大きいのも法人経由でトレードをするメリットだと思います。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail