株式投資

配当でハーゲンダッツ – GENERAL MILLS INC(GIS)より2015Q4の配当

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 為替ブログへ


GIS 66,39 +0,50 +0,76%より配当を頂きました。1株辺り0.44ドルでした。
配当は再投資の原資とします。

グローバルな食品企業

なのですが、日本で馴染みがあると言えばハーゲンダッツ位かな?正直他のブランドはピンと来ません。



100カ国以上で170億ドルの売上を誇る超巨大企業なのですが。ハーゲンダッツのアノ会社です。

“ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)”という言葉自体に深い意味はない。創始者ルーベン・マッタスが、アイスクリームはデンマーク産というイメージがある(デンマークは酪農盛んな国であり、デンマーク産の乳製品は欧米で広く知られているため)からと、コペンハーゲンの「ハーゲン」と、その余韻がマッチする「ダッツ」を組み合わせて作り出した造語である。

語感的にはヨーロッパっぽいですが、純然たるアメリカ発祥のブランドなんですね。日本国内向けは群馬にあるタカナシ乳業の工場で作られているとの事。

[wpshot url=”http://matome.naver.jp/odai/2139029497614776301″ width=”800″ alt=””]

乳脂肪多め、空気少なめで濃厚でこってりとした【高級感】あるアイスとして売りだされています。(アイスとしては比較的高価格帯に位置するのですが、高級ではないです。スーパーなどの特売で割引対象外になる程度には高級。)

お手軽に高級感が楽しめるアイスと言うと軽くディスってる感がありますが、

期間限定で売り出されるフレーバーが楽しみ&濃厚なので、スモーキーなお酒との組み合わせがお勧めです。

あと、華もちはレンジでチンするとウマい。

高い配当性向と連続増配

70%程度と高い配当性向を継続していて、かつ2004年から連続増配(配当自体は100年以上出し続けている)と言う株主にはとても優しい企業です。配当を出し続ける(≒原資となる利益を出し続ける)のはとても難しい事なのですが、それを実現してきたのが当社です。

財務的には可もなく不可もなく

自己資本比率は30%台と可もなく不可もなくといったところですが、とにかく業績的には安定感があります。位置づけ的にはディフェンシブ銘柄にあたると思います。

普段は大崩れも無いけど、大きな上振れも期待できない・・・大きくキャピタルゲインを狙うと言う意味では面白みには欠けますが(とは言ったものの長期的に見れば株価は着実に上がっています。)、安定した業績とそれによる配当は魅力的ですね。こういった銘柄はPERも高くてなかなか安く仕込むのが難しいですが、市況全体が崩れている時は狙い目です。

丁度今のような荒れ気味な地合で仕込むと幸せになれるかもしれません。

イスラム過激派の音楽(Nasyid – ナシード)集前のページ

ステータスクレジットカードと言えば? – American Express Company(AXP)を購入次のページ

関連記事

  1. 株式投資

    PFIZER(PFE)より2016Q1の配当

    より配当を頂きました。1株辺り0.3ドルでした。配当は再投資用…

  2. 株式投資

    米国高金利債券への投資 – iShares iBoxx $ High Yield Cor…

    利上げ開始は逆風ですが、高い利回り&毎月分配は利回り豚には魅力的なので…

  3. FX

    パリテロ事件の余波

    事件それ自体は犯人が射殺されたり、拘束されたりで収束している様です…

  4. 株式投資

    Altria Group Inc.とPhilip Morris International, Inc…

    Altria Group, Inc.(ティッカー:MO)、Philip…

  5. 株式投資

    放○動画が流出 – Kellogg company(K)より2016Q1の配当

    より配当を頂きました。1株辺り0.5ドルでした。配当は再投資用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

人気ブログ

  1. FX

    Interactive Brokersの口座開設
  2. 株式投資

    カナダで来春以降マリファナ(大麻)が解禁?マリファナ関連株へGo!
  3. FX

    クロス円主要通貨ペアのボラティリティ
  4. バイク

    個人でも出来る原油高へのヘッジ
  5. 株式投資

    情報の増加は必ずしも市場の安定化には寄与しないかも。
PAGE TOP