株式投資

B&G Foods Inc.(BGS)を購入

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 為替ブログへ


BGS 23,90 +0,50 +2,14%はアメリカに拠点を置くshelf-stable food(ambient food常温保存可能な食品)や冷凍食品等を加工販売する会社です。

最近、冷凍&缶詰野菜のGreen Giantブランドを、GIS 50,88 +0,62 +1,23%から買収しました。
日本におきましてはテーブルマーク(旧加ト吉)の冷凍野菜がこのブランドを拝借していたようですが、当社の主要なマーケットが北米(アメリカ、カナダ)、プエルトリコなので、日本での販売が今後どうなるのかが気になります。商品のラインナップから消えているようで既に取り扱ってないのかも?(元々はJTUnfortunately, we could not get stock quote 2914:TYO this time.の冷凍食品部門が1998年に取得したものなのですが、旧加ト吉との統合に伴って異動。
正直あまり馴染みの無いブランドだったりしますが、何故買ったかと言いますと・・・

増配!

2008Q4から2015Q4まで安定して増配を続けています。0.17USD→0.42USDなのでほぼ2.5倍!それに伴いまして株価も右肩上がりです。過去5年で見ますとUnfortunately, we could not get stock quote INDEXSP:.INX this time.が凡そ+50%に対して、BGS 23,90 +0,50 +2,14%が+150%となっています。

原油安

最近の原油安は当社にとっては追い風になるのではないかと思われます。原材料、加工、輸送とコスト面での幅広い恩恵が期待できるからです。

ドル高、カナダドル安

usdcad20160301
一方では最近のドル高、カナダドル安が主要なマーケットであるカナダ向けのビジネスにおいて懸念材料となります。パリティ(1USD=1CAD)だった頃からしますと、かなりのドル高ですね。最近発表された2015Q4の決算がイマイチだったのはカナダ向けの数量が伸び悩んだ事が一因のようです。

今後の見通し

買収したブランドの業績への寄与、ドル高の一服が鍵ですが、

  • 食品セクターなので業績的には安定が見込まれる、
  • 配当利回りも3%の後半と妙味がある

とあまり気にせずホールド出来るのではないかと思われます。引き続き増配トレンドを継続してもらいたいものですね。
 

関連記事

  1. 株式投資

    Kellogg Companyより配当

    アメリカに本社を置くシリアル食品や菓子、加工食品の製造を行っているK…

  2. 株式投資

    情報の増加は必ずしも市場の安定化には寄与しないかも。

    メディアは、新聞、ラジオ→テレビ→インターネット売買の執行は場…

  3. 映画

    【プラトーン】【ウォール街】のチャーリー・シーンがHIV感染を告白

    プラトーンやウォール街でブレイク後数々の映画やTV番組で人気を得ている…

  4. 株式投資

    ポートフォリオのコアには最適 – Johnson & Johnson(JNJ)…

    と言えばドラッグストアのパーソナルケア製品(綿棒、絆創膏、ベビーオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

人気ブログ

  1. FX

    FXのオワコン化が巷では呟かれているようで。
  2. 生活雑記

    ペットにも高齢化の波が。長生きリスクにどう備えるか?
  3. FX

    2017年初雇用統計 – コツコツと外貨投資20170107
  4. FX

    コツコツと外貨投資20160330
  5. 読書

    calibre + DeDRMで快適電子書籍ライフ
PAGE TOP