Islamic State(イスラム国)の独自通貨

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

the-rise-of-the-khilafah-return-of-the-gold-dinar
Islamic State(イスラム国)の支配地域ではドルやユーロ、英ポンド、その他周辺国の通貨が諸々の取引に使われているのですが、独自通貨の発行も行われているようです。
通貨の発行は国家の特権であるので、国を自称する以上は当然やってもおかしくない。

ただ不換紙幣(Bank note)だと速攻でジンバブエドル化するのは火を見るよりも明らかなので、用いられるのは金属貨幣(金、銀、銅)。
実物貨幣なのは不換紙幣・・・特にドルに対するアンチテーゼの側面もあるのかなと思います。
あちら側の人間ではなくても、どうも(特にドルを基軸とした)信用創造システムに対しては幾分気持ち悪さの様なものを感じますし。(どうして紙切れに価値があるのだろうか?とかそういった意味で。)


ALHAYAT Media centerのプロパガンダ動画。大学で金融論の授業で似たような内容のレクチャーを受けたような気がします。なかなか金融の教材としては秀逸かもしれません。

金 : Dinar(ディナール) 2種
銀 : Dirham(ディルハム) 3種
銅 : Fals(フォルス) 2種
の計7種類が発行されているそうです。

流通量が少ない&Islamic State(イスラム国)もこの先長くはないであろうので、そのうちコインコレクターの間でプレミアが付きそうです。



これは欲しいと思って探したらAmazonで見つけました。
レプリカにしては高いけど、インテリアにはよさそうな気がします。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)