FX

個人でも出来る為替リスクのヘッジ – 海外旅行や海外通販のヘビーユーザーはドル円のトラリピがオススメです。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 為替ブログへ

為替リスク

普段日本円で生活をしていますと、あまり輸入物価なんて意識することは無いですね。身の回りに輸入品が溢れているにも関わらずです。円高円安が短期に急激に進んだとしても、影響が出始めるのはずっと先ですし、そのペースもゆっくりなものです。輸入商社とか、小売業者の営業努力の賜物です。ただ、個人的には茶色い洋酒がずいぶん高くなったなあと感じたりします。(為替の影響だけではないですが。)


オクトモア 09.1 スコティッシュ バーレイ 59.1度 700ml
ブルイックラディ蒸留所
売り上げランキング: 79,737

為替リスクをダイレクトに実感するのは、海外旅行や海外ショッピング、あと外貨建て投資をする時ですね。円安になると、すごーく貧しくなった感がします。

輸出入系企業だとかそれ向けのサプライヤーに勤めてたりすると、円安円高で一喜一憂したり。

消費者目線だと、間違いなく強い円、円高が良いですね。

安い時に仕込んでおこう

お手軽に出来る円安へのヘッジとしては、外貨を買っておくことだと思います。なるべく安い時に買えれば尚良です。いざ使うって時に、仕込んだ単価より高くなっていれば差益分ヘッジ成功となります。逆なら逆で、まあ良しとしましょう。

普段からコツコツ買っておけば、ある程度単価も均されたモノとなります。極端な円安も円高も無く。

それなりに均された価格でそれなりの量持っておけば、まとまった金額を使う場面(海外旅行や、海外ショッピング、外貨建て投資)への備えになるのではないでしょうか?予算の見通しも立てやすくなりますし。

タラレバではあるのですが、最近ですと年始の円高は仕込むチャンスでしたね。ただ、外貨預金だと受け渡しのタイミングの関係で、ご利益に与るのは難しいでしょうけど。受け渡しがほぼ即時のFXを是非活用したいところです。

海外旅行や海外通販のヘビーユーザーはドル円に絞ってトラリピはオススメだと思います。下の方では仕込みつつ、上では利確を自動で。上手くタイミングに乗れれば、安いドルが手元に残る算段です。

レバレッジは極力掛けない

ヘッジ目的で、大損をしては元も子もないですから、極力レバレッジはかけない事をオススメします。掛けたとしてもかなり保守的な運用を。

ドル円も、年間を通してみますと5~10%程度の下落は十分に有り得ますので、レバレッジを掛け始めるポイントをその辺りに置く手もあります。目安としては、ドル円100円割れを意識して放置トレード。

レンジの範囲内で利幅を狙いつつ、チャンスを待つ戦略です。

今なら、スワップポイントも狙うことも出来ますし。

しょぼい起業のエッセンスは投資にも役立つかも?前のページ

【他責】で自分の境遇は変わらない。けど他責はLife hackにもなる。 中田考 – イスラムが効く次のページ

関連記事

  1. FX

    飛ばし記事?で予想外の円安 – コツコツと外貨投資20160422

    取引ルール 手動 通貨ペアはクロス円のメジャー通貨…

  2. Food&ドリンク

    The Coca-Cola Company(KO)の株を買ってコーラを飲もう

    健康を気にするには人生は短過ぎる骨が溶けるとかオカルトっぽい…

  3. FX

    ドルコスト平均法の効果 – ユーロ円

    ユーロ円にドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンスを検証して…

  4. 株式投資

    大麻(マリファナ)はヒトのカラダ・ココロ、財布を癒やす

    知らんけど。今の所は癒やされてますよ。我が財布はwただ、値動き激…

  5. FX

    レバレッジ管理はやはり大事 – コツコツと外貨投資20161202

    取引ルール 手動 通貨ペアはクロス円のメジャー通貨…

  6. FX

    ダラダラと曲げる展開はやはり苦手なようで・・・

    ダラダラと曲げる展開はやはり苦手1時間足。今は買い下がりの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

人気ブログ

  1. FX

    コツコツと外貨投資20160414
  2. FX

    遠のく利上げ – コツコツと外貨投資20160609
  3. 生活雑記

    会社が無事(?)でも、中の人が無事とは限らない。終身雇用・年功序列制度はジャック…
  4. 株式投資

    集団訴訟の行方は? – Johnson & Johnson…
  5. FX

    法人経由での金融商品の売買 – メリットとデメリット
PAGE TOP